14日は義母が亡くなり2年になる。
早かったか長かったか分からない。
ただ、日々の暮らしはマイペースで過ごせる枠ができたと言えるが、日々の暮らしの色んな出来事を話せる親友がいなくなったと今は分かるだけに、人が言うポッカリ穴が…とはこういう事なんだなと分かる。

今日は黄色のバラを買い、我が家流仏壇に供えた。
先月オーストラリアから来ていた夫の兄が「これは?」と仏壇を聞いた。
私がある日ドーナツを買ってきて「食べて~」と言いながら手を合わせて仏壇に置いたのを見ていた義兄、少しして私がまた「もらいま~す!」と言いドーナツを持ち去り食べたのを見て「あれはジャパニーズ式のお墓なん?」と聞いた。

私なりに説明し、義兄は「自分も君のように仏壇文化を信じる事が出来たら、寂しくないかもね」と言った。
私は「寂しいよ、ただ話しかける場に私は使っていて、嫌なことがあった日、嬉しい事があった日、宝くじを大量に買った日は報告したり、頼む🙏あたりくじにして~!と言ってみたりして、いつもこの家にいるみたいな感覚はある」と話した。
義兄は「僕は日本の文化が分からんから、そう出来る君が羨ましい。時が経って自分もそういうのを作れたら良いなと思う」と言った。

黄色の花が好きだった義母に伝わっていると買うだけの事。
花がある贅沢はしなさいと義母が言っていたから。
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記