20190309_130904_202301051827399ee.jpg

毎年冬~春にしている帰省&周辺旅行ですが、今年の日程も決定しました。

2月26日(日)~3月8日(水)です。
帰宅してWBCが始まる神スケジュール!

行きは、仙台港から名古屋港のフェリー。
Peachも飛んでいるのですが、夜にセントレアに着く最悪の時間しかありません。
昨年に続き、3,900円と格安で仙台昼出発、翌朝名古屋港着のフェリーにしました。

名古屋見物して、当日中には三重の実家に帰ろうと思います。

名古屋は準地元で、これまで何度も行っています。
今回はどこ行こうか?何を食べようか?考え中。

その後、実家で1週間弱滞在予定。
両親に加え、妹、姪っ子2人、おばあちゃんに会おうと思います。
おばあちゃんには、セミリタイアをいまいち伝えきれてないので、今回こそはちゃんと言わないといけません。

帰りは、次回移住予定の大阪を視察して、関空→仙台空港の予定。

ただ、予算執行状況次第で、少し三重観光でも。
伊勢神宮に寄って、鳥羽辺りで海鮮でも食べて旅館で1泊するかもしれません。
鳥羽水族館で、ジュゴンやラッコも見たいですね。

そして大阪視察。
来年の9~10月に移住予定ですが、住まいを決める前の最後の大阪訪問になるでしょう。
そのため、今回は遊びではありません。

現状の候補先は以下。

(大阪市)

・京橋
・森ノ宮
・蒲生(がもう)
・塚本
・天神橋筋六丁目
・天王寺
・太子橋今市
・住之江公園

(堺市)

・堺市
・中百舌鳥(なかもず)

23時(最悪22:30)までやっている総合型スポーツクラブが近いことをマストの条件にしています。

その上で、都心との距離、ジョギングコース、裁判所、景観等を考慮して、候補地を策定しました。

京橋、森ノ宮、蒲生、塚本、天神橋筋六丁目、天王寺は、都心にも近く、優先度の高いエリア。
ただ、その分家賃も高く、景観的にもちょっと泥臭い感じもします。

一方、太子橋今市、住之江公園は都心から少し外れますが、家賃相場も少し下がるし、落ち着いた印象。

さらに堺まで行くと安くなるし、住環境も良さそう。
堺市自体が政令指定都市で、人口80万以上の大都市。
下手な大阪市の郊外よりも、よっぽどなんでも揃っています。

都心に住んで、大阪シティ生活を思いっきり味わうのか?

ただ、中心部に住み過ぎると逆に行動範囲が狭くなる懸念もあり・・・
コスパのいい郊外で快適な生活を送りつつ、積極的に中心部にも繰り出すのか?

この辺の対立構造で迷っています。

この視察だけで、候補地を1つに絞ることまでは考えていません。
実際には、決定時にどんな物件があるのか?って要素も大きくなります。

ただ、街に肌で触れる機会は最後になりそうなので、優先順位を決めることを目標に見てきます。
Source: Time is money  キムのお金日記