仙台探訪記は26回目。
おそらく年内最後になろうかと思います。

■パン

仙台駅前のPARCOに入っているメゾンカイザーというパン屋に行ってきました。
フランスの製法で作られたこだわりのパンが売られています。

イートインコーナーもあり、パン5種にサラダとスープが付いたランチセットをいただきました。

PXL_20221202_031723183.jpg

ハード系のパンが中心で、天然酵母と厳選した素材を使っており、ナチュラルな甘さ。
スープやサラダ(ドレッシングも)美味しいです。
さらに目ためも映え具合もよくて、とてもいい気分でランチを味わえますね。

せっかく都会に住んでいるので、こういう雰囲気もちょいちょい味わっていこうと思います。

■中華

市役所や国分町から近い美香園と言う中華料理屋に行ってきました。

比較的リーズナブルな店ですが、一流ホテルの元料理長が作る本格中華で人気の店。
11時半頃に行きましたが、既に満席状態でした。

僕はランチメニューの920円の回鍋肉定食を注文。

PXL_20221215_024358814.jpg

結論は絶品です。

正直見た目はそれほどでもないのですが、お味は本物。
絶妙な甘辛の味付けが、キャベツや豚肉と最高にマッチしています。
ご飯が進む進む。

量もいい感じにありますし、かなり満足感が高い。
他のメニューも食べてみたくなります。

■SENDAI光のページェント

仙台の冬の風物詩である光のページェント。
杜の都を象徴する定禅寺通りが光に包まれるイベントです。
仙台在住の間は、これを訪れるのは必須。

今年は電気代高騰や資金難等の影響により、開催も危ぶまれましたが、何とか開催にこぎつけたらしいです。

少し遠目から見るだけでも、定禅寺通りが光り輝いています。

PXL_20221223_111551460.jpg

そして通りを歩くと、辺り一面の光。
光がビルに反射して、より広範囲に光があるように感じられます。
写真に撮りましたが、実際はこれの2倍以上美しい。
仙台に絶対に必要なイベントです。

PXL_20221220_111655882.jpg

沿道には募金ボトルが設置されていました。
計画では次の冬が最後になる予定ですが、もっと長く続いて欲しい気持ちも込めて50円(100円玉が無かった)寄付させていただきました。

■ラーメン

仙台中心部のアーケード街にある末廣ラーメンに行ってきました。
前から知ってはいましたが、バイト先で一緒になった大学生も好きだとのことで後押しになりました。

京都の屋台からスタートした店らしいですが、秋田に本店があり、東北中心に出店しています。

ラーメンとヤキメシ(卵のせ)のセットを注文。

PXL_20221223_113230480.jpg

濃口醤油にストレート麺、薄切りチャーシュー。
チャーハンにもしっかりと味付けがしてあります。

東北の厳しい寒さに、この濃いめのラーメンはマジで沁みる。
特にこの日は、バイト終わりで夜9時前でかなり寒かったので、美味しさがUPしたものと思われます。
Source: Time is money  キムのお金日記