ドキドキ 杏樹、
「海江田さんたち。」
尚登を見て杏樹。

尚登、ある意味ドヤ顔で、
「ねぇ~~~。」
杏樹に右指先一本立てて。

美琴も、数回頷いて、
「うんうんうん。」

「そもそも、今回の件は、全て、海江田さんたちからのリクエストで…。」
杏樹も頷いて、
「確かに…。…それに…、海江田さんたちがいなかったら、ここまでは…。」

尚登、ニッコリと、
「ですよね~~。」
けれども尚登、
「但し。いずれにしても、彼らに打診しないと…。こちらの方から勝手に、決めました…では…。」

「その辺は、杏樹。」
美琴。

杏樹、美琴を見て、尚登を見て、
「分かりました。早速、扶桑の東風さんに…。」

尚登、杏樹に丁寧に頭を下げて、
「お願いします。」

そして、そのまま杏樹、自身のスマホで…。

尚登、急にソファから立ち上がり、杏樹を見、そして美琴を見、
「それじゃあ~~。僕は…、とりあえず~~。」
右手を上げがら…。

そんな尚登をチラリと杏樹。

美琴も、
「えっ…???…ちょ…、尚登~~。」

杏樹、
「あ、お世話様でございます。」
そして尚登に右手を振り。

美琴も、
「阿刀田常務。」

「久留巳ですけど…、東風さん、今…、お時間…。」

尚登、体を前のめりになりながら…、
「…と、言う訳には…。」

美琴、
「当たり前です。」

そして杏樹、スマホ越しに話しを持ち出す。

…数分後、杏樹、目を丸く、明るい表情で、
「はい。ありがとうございます。」
尚登と美琴に右手でOKサイン。

尚登、口を搾り、右手を握り拳で、グィッと。

美琴は安堵した顔で、
「ふぅ~~。」

こちら、美海もスマホ越しに、ニッコリと、
「お任せください。手配はこちらで整えます。但し、久留巳専務は、このまま。コンプライアンスでは、お願いしします。」

スマホに声、杏樹、
「よろしく、お願いします。」

「では。私の方からご連絡させて頂きますので…。」

杏樹、その声に、頭を下げて、
「失礼します。」
そして、通話を切る。
「ふぅ。」

尚登、再び、握り拳で、
「っしゃ――――――っ。」

美琴、小さな声で、
「天春社長…。」

杏樹、
「これで…、なんとか…。」

ニッコリと尚登、また、
「ですよね~~。」
そしていきなりソファから立ち上がり、
「っしょ~~。では…。」
ふたりにまた右手を上げて、
「私は…、この辺で…。」

杏樹、そんな尚登に、困ったようでもあり、安堵したような気持ちで、
「お疲れ様です。」

美琴ももはや、諦め半分に、
「ふ~~ん。」

そして尚登、社長室から…。ドアを閉じて歩き出そうと…。
すると、目の前に…。
「おっと~~~。はは。お疲れ様です。」

尚登の目の前に…、大翔である。

大翔も尚登に、
「はは、阿刀田常務、お疲れ様です。」

そして大翔、
「…で…、どんな感じですか…???」

尚登、そんな大翔に、
「はは。ん~~。まっ、何とか…。頑張ってます。」

「ありがとうございます。」

尚登、そんな大翔に丁寧に頭を下げて、
「では、私は…。」

尚登は廊下を行く。
そんな尚登に大翔も頭を下げて。そしてドアをノック。

部屋に入ってきた顔に美琴、
「あら。」

入って来た人物に杏樹、僅かに顔を傾げて、目を丸く、そして口を窄ませて。

大翔、
「お疲れ様です。」

杏樹、軽くお辞儀を、
「お疲れ様です。」

「どうなってるかな…って、思って…。」

「さて…と。」
既に通話を切り、タブレットの画面を見ての美海、
「確かに。やりにくさは…、あるかも…。」
そして…、受話器を取って、番号を…。5回目のコールでようやく…。

「はい、日比谷~~。」

美海、
「お疲れ様です。東風です。」

電話の向こう、
「おや。ふん。どうしたの…???」

すると美海、一言、
「部長、出番です。」

その声に日比谷、
「おんや~~。お~もしろくなってきたじゃな~~い~~。」

その決定はすぐさま関係各部署に。

陣屋、美海からの電話を切って、
「おっと~~~。お呼びが掛かったようで~~。」
そして、にんまりとして、
「炙り出し…、掛けちゃうのかな~~。」

そして、こちらでも…、美海からの電話を切ってすぐに…。
「まさか…。動き出しましたね~~。扶桑トライアングル。どうなる事やら…。…財務の陣屋。それに、広報の長谷部に、システムの日比谷。」
下唇をビロンと…。
「個人的には、敵に回したくない、お三方…。さてさてさて。」
鳩崎、思わず電話に、
「おっかねえぞぉ~~。」

またしても、いきなり徴集を掛けられた対策室のメンバー。

都沢、海江田に、
「はっ…???システムの日比谷部長がぁ~~???」

海江田、
「あぁ。どうやら、ホテルに直に乗り込むって。」

葉子も紫に、
「主任…???」

紫、
「えぇ…。私もさっき、聞いた~~。」

こんな私です。~選葉子(すぐりようこ)~   vol,101.   杏樹、「分かりました。早速、扶桑の東風さんに…。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》

庄司紗千「おふろ月夜」
※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

アメーバ
Source: THMIS mama “お洒落の小部屋