aig-mid22922-316-xl_TP_V.jpg

数年前から東野圭吾作品にハマって、かなりの数を読んできました。

東野圭吾作品は、ストーリーの構成力が天才的で、どうやってこんな緻密な物語が思いつくんだろう?と驚愕します。
加えて、人物描写がリアルで本当に引き込まれます。

小説に面白さを知りました。
特に好きな作品BEST5を挙げてみました。

5位:沈黙のパレード

福山雅治演じる湯川先生でお馴染みのガリレオシリーズ。
これぞ東野圭吾作品って感じの人物描写と、2重3重にも裏がある展開。
かつて証拠不十分で保釈された男が再び犯罪を犯すのですが、この男のクズっぷりがめちゃくちゃリアルです。

沈黙のパレード (文春文庫) [ 東野 圭吾 ]


4位:夢幻花

それまでの事実を、終盤で一気に回収して全て納得できる結論に持っていく。
読み終えた後にその構成力に感服する作品でした。

夢幻花 (PHP文芸文庫) [ 東野圭吾 ]


3位:容疑者Xの献身

5位と同じガリレオシリーズ。
登場人物の心情が丁寧に描かれており、感情移入して入り込んでいってしまいます。

容疑者Xの献身 (文春文庫) [ 東野 圭吾 ]


2位:白夜行

2人の少年少女の子どもから大人になるまでを描いた作品。
2人の周りの起こる数々の出来事から、人の怖さを感じられる作品でした。

白夜行 (集英社文庫) [ 東野圭吾 ]


1位:祈りの幕が下りる時

複数のストーリーが全て繋がっていく。
そして最後の感動的な展開。
東野圭吾作品の最高傑作だと思っています。

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫) [ 東野 圭吾 ]


BEST5を挙げましたが、高位安定でどれもハズさない面白さです。
一部の新刊を除いて、図書館でも普通に借りることができると思います。
ビジネス書と違い、小説は昔の本だからと言って価値が落ちることはありません。

東野圭吾作品は相当数あるので、好きな人が図書館で借りて読んでいけば、かなり優れた無料娯楽になると思います。
僕もここ数年間相当楽しませてもらいましたが、残念ながらかなり読み尽くしてしまいました。

まだ読んだことのない方がいましたら、ぜひ1冊借りてみてください。

また、東野圭吾作品はかなりの割合でドラマ・映画化されています。
個人的には、本→映像の順がいいと思っています。
Source: Time is money  キムのお金日記