ドキドキ  「ふ~~ん。…まっ、とにかく、今は、その…、川峯取締役と宮越弁護士。そして、北取締役。一度も会ってないから…、資料だけでは何とも…。」
こちらはカフェ匡子のカウンターでビールを飲みながらの獏。

「そうですよね~~。」
頷く葉子。

「それにしても、その…、宮越弁護士…。まさか扶桑の顧問弁護士もやっていたとは、驚いたね~~。」

腕組みしながら獏。

「おっきな法律事務所なんでしょ、その…、何だっけ…???堀蔵法律事務所…???」
匡子。

「うん。」
獏と葉子、ふたり同時に。

その声に思わず右側を見る秀美と輪湖。

そんなふたりを見て匡子、思わず、
「ぷっ。」

獏、キョトンとして、
「ふん…???」
匡子の視線を追い駆けて左隣を…。そして、
「えっ…???」

すると今度は葉子が、右左を見て、
「へっ…???」

そして、秀美と輪湖に、少し両眉を歪ませて、
「何…???」

咄嗟に秀美と輪湖、顔を小刻みに左右に揺らして、
「いえいえ。」
「全然。」

思わず可笑しがる匡子、クスクスと口に左手の甲を。

その顔を見て葉子、
「えっ…???匡子さんまで…、一体…何…???」
そして葉子、今度は右隣りの海江田を見て、
「課長…???」

その声に獏、いきなり、
「はい…???」
思わず身体を右に引くように、
「いやいやいや。俺…。いや…、僕…、何も言ってませんけど…。」

匡子の隣でキョトンとしている佐武郎。

佐武郎にも葉子、
「…何…???サブちゃん。」

驚いたように佐武郎、目をパチクリとさせて、両手の平を前に、そして振る。

「堀蔵法律事務所…。都内では、大手ですよね~~。」
秀美、自分のスマホで検索した画像を見て。
「その中で、その…、宮越弁護士…。シニアパートナーかぁ。凄いんですね。」

葉子、その声にも、
「うん。」
そして、
「共同経営者。」

輪湖はその声に、
「えっ…???…そうなの…???」
そして輪湖、顔を前に、
「ねね、課長~~。」

匡子も獏を見て…。

獏、
「うん…???あぁ。弁護士の…シニアパートナー。…まっ、確かに。大手だったらね~~。しかも、首都圏で…、弁護士が数十人もいて…。ましてや…仮に、数百人規模の法律事務所なら、当然。上がシニアパートナーで、下がパラリーガル。そして…、真ん中は、アソシエイト。ただ、事務所の所長はいるけど…。その下で、同じように事務所を共に運営している人が、シニアパートナー。」

輪湖、その話を聞いて、
「へぇ~~。そうなんだ~~。全く分かんないや私には…。さすがだね~~。聖帝大学~~。しかも…、ふたりも…。」

その声に獏、
「えっ…???…って事は…、鮎川さんも…、聖帝…???…わお。」

「わぁ~~。」
いきなり匡子、
「凄~~い。んじゃ、ヨウちゃんと同じじゃな~~い。」

「…って言うか、課長~~。葉子が聖帝大って…、知ってたんですか…???」
思わず輪湖。

葉子、その声に海江田を見て、目をキョトンと…。

咄嗟に獏、顔を傾げて、
「あ、あ~~。う…うん。まぁ…。こっち来て、鳩崎部長から、その事は…。」

すぐさま輪湖、
「はは~~~ん。な~~るほど。さっすが。財務の要、選葉子、ここにあり。…ってね~~。入社の時から凄かったから、人気が…。」

秀美もその声に、
「わ~~お。えっ…???…ところで…、海江田課長って…、大学は~~???」

その声に輪湖、秀美を見て
「ニッシッシッシッ。聞いて驚くな~~。課長、なんと、帰国子女だよ。帰国子女。」

途端に秀美、輪湖を見て、
「うっそ。凄~~い。」

「子供の頃からロンドンで生活してて、日本に帰ってきて、すぐに大学受験。しかも、あの、鳳星大学入学だよ、鳳星大学~~。」

「凄~~い、一流大学~~。」
そこまで言って秀美、目をキョロキョロとさせて、
「え゛~~~???…日本に帰ってきて、すぐに大学受験。いやいやいや。有り得ないんですけど…。」

輪湖、
「その、有り得ない事を…、やってのけちゃったって訳。海江田課長は~~。…だから、入社一年目で、いきなりシカゴ~~。」

秀美、いきなり目を真ん丸にして顔をほんのり紅くして、
「す~~ご~~。」

そんな秀美を見て何かしら微笑む佐武郎。

「とにかく…。誰…???…そして、何の目的があって…???」
葉子。そして、
「ホテルキャッスル・チャイナ。代表取締役社長。CEOの天佑(チンヨウ)。そして秘書の林杏(リンシン)。会長の…、天浩(チンハオ)。」

その声に海江田、葉子に、
「へぇ~~。凄いや。ホテルキャッスル・チャイナ…。会長の名前まで…。」

葉子、咄嗟に海江田を見て、
「あ、あ~~。えぇ~~。いえ…。これは私の…父から…。」

こんな私です。~選葉子(すぐりようこ)~   vol,093.   「まさか扶桑の顧問弁護士もやっていたとは…。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》

庄司紗千「おふろ月夜」
※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

アメーバ

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋