PXL_20221115_025037776.jpg

11月11日~社労士の事務指定講習の申込みが始まったので、早速申し込んできました。

夏に試験に合格したのですが、それだけでは社会保険労務士と名乗ることはできません。
2年間の実務経験or事務指定講習修了で、社労士会に入会・登録しないといけません。

2年も社労士事務所とかで働くなどあり得ないので、事務指定講習を選択しました。

講習内容は、通信指導が翌年2~5月。

事例形式で、各場面における申請書類を作成とのこと。
例えば、会社を設立した時や新たに人を雇った際の労災・雇用保険・社会保険の加入、従業員が病気休んだ時の傷病手当金の手続きです。
こういう書類を、上記4ヶ月間で60枚ぐらい書いて、添削を受けるようです。

通信指導が終わると、eラーニングor面接指導。
7月14日~9月14日の間で、各分野の専門家の講習を受けるとのこと。
面接指導を選んでも、東京会場に集まって一緒に映像を見るだけ。
eラーニングのほうにしました。

以上を全部問題なく終えると、修了証が交付され、社労士会に入会・登録できるようになります。
社労士と名乗れるのは、早くても来年8~9月ぐらいになりそうです。

事務指定講習の料金は、77,000円。
支払いの手数料も合わせると、77,527円でした。
冒頭写真の申込兼振込用紙が、合格通知の中に同封されており、郵便局で払ってきました。

社労士合格までにかかった費用が、約63,000円だったので、それを超える金額。
決して安い額ではないので、一生懸命学ぼうと思います。

既に試験から2ヶ月以上経って、さらに講習が始まる2月まで何もしなければ、かなり知識が抜け落ちてしまいます。

その間は、試験で使ったテキストを2・3周復習予定。

さらに、専門書も読もうと思います。
合格のためには、どうしてもテクニック的な部分が多くなったので、色々な角度から知識を付けていきたい。
とりあえず図書館で、それっぽい本を借りてきました。

PXL_20221115_052154190.jpg

あとは、別の資格試験も体系的に知識を付ける点で有効。
給与計算実務能力検定試験に興味があります。
給与計算は、社労士の業務の1つですが、試験ではあまり触れないし、講習の内容にもないみたいです。
勉強しておいて損はありません。

2022年度版 給与計算実務能力検定2級公式テキスト [ 一般社団法人実務能力開発支援協会 ]


他には、年金アドバイザーも社労士と親和性が高いらしいです。

公式テキスト 年金アドバイザー3級  2022年度受験用 [ 経済法令研究会 ]


こんな感じで、事務指定講習+αの勉強で、知識の維持・向上を図りつつ、来年の社労士登録を目指したいと思います。
Source: Time is money  キムのお金日記