PXL_20221112_124136568.jpg

「新電力を辞めました」で、電気代激増を危惧して、Looop電気から東北電力に切り替えたと書きました。
諸々の手続きも済ませ、切り替えが無事終了しました。

切り替え完了後に、早速やったのが節電ポイントです。

政府の節電対策事業で、電力会社の節電プログラムに参加すると、2,000円分のポイントを貰うことができます。

キーワードは参加で、実行ではありません。
「節電します」と表明するだけで、実際に節電しなくてもポイントが貰えてしまうのです。
極論参加さえすれば、倍の電気を使っても2,000ポイント。
参加することに意義がある!

東北電力の例だと、ネットで会員登録したマイページ上に節電ポイントのバナーが大きく出てきます。
それ以外にも、画面を切り替えるごとにウザいほどに紹介ページが表示されていました。
これをクリックして、利用規約了承とかチェックして、2・3回進むと、節電プログラムへの参加完了。

1月末までに2,000ポイント付与しますとのことでした。
ポイントは、WAONやPonta等の汎用性の高いものに交換できるので、ほぼ現金と等価。

これまで多くのポイントをGETしてきましたが、1,000円以上の中では、最も簡単だと思います。
よく知らんけど、何か2・3回クリックするだけで2,000円貰えるんですから。

原資は税金ですし、秒で終わり超簡単ですし、やらなきゃ損レベルのポイ活ですね。

ちなみに、実際に節電することで追加のポイントも貰えます。
来年の1~3月の電気使用量が、前年同月比-3%だと各月1,000円分のポイント。
3ヶ月全て達成すれば、3,000円分です。
僕みたいに、乗り換え等で前年のデータがない場合は、設定目標をクリアしたらポイントGETみたいです。

参加した以上は協力したいですが、こちらはあまり無理なく取り組みます。

節電ポイントの参加表明は、12月末まで。
まだやってない方がいましたら、ぜひ参加しましょう。
Source: Time is money  キムのお金日記