badge_syaroushi_20221005152407c65.png

お陰様で、苦節1年半で社労士試験に合格することができました。

しかし、現状ではただの合格者であり、社会保険労務士を名乗ることはできません。
2年間の実務経験or事務指定講習修了が条件で、社労士会に入会・登録しないといけません。

そこまでガッツリ働く気はないですが、せっかく頑張って得た合格。
経験的な意味でも、少しは活動してみたいと思っています。

そこで登録への流れや費用をまとめてみました。

(事務指定講習)

社労士会に登録するためには、2年間の実務経験or事務指定講習修了が必要となります。

実務経験とは、労働や社会保険関係の手続き業務等。
例えば、会社の総務や社労士事務所で、雇用保険や健康保険等の加入や喪失等の手続きをしている人が対象になるようです。

僕は経験なしなので、事務指定講習を受けることになります。
申込みは、11月12日~12月2日まで。

事務指定講習は、通信指導とeラーニングor面接指導の2課程。

通信指導では、各種手続き書類の書き方を学び、添削指導を受ける。
2月~5月の4ヶ月間に課題を提出しないといけません。
ただ、それほど膨大なものではなく、4ヶ月間毎日やるほどのものでは全然ないっぽいです。

eラーニングor面接指導は、お偉いさんの講話。
eラーニングでは、7月15日~9月15日までの間に、ダウンロード版を自宅で見る。
面接指導でも、10月の4日間で会場に集まり、結局映像を見るらしいです。
時間は、1科目3時間の計8科目。

どちらとも、試験等があるわけではなく、しっかりメニューを消化すれば修了証が交付されるとのこと。
あまりひどいと再提出になるらしいですが。

受講費用は77,000円です。

(社労士会への入会・登録)

講習の修了証を得ると、社労士会への入会・登録ができるようになります。

社労士会は都道府県単位で、必要書類を揃えて各会に提出しないといけません。
宮城県で開業登録の料金は以下の通り。

収入印紙 30,000円
登録手数料 30,000円
入会金 80,000円
年会費 90,000円
政治連盟年会費 6,000円

合計 236,000円

流れをまとめると、12月上旬までに事務指定講習を申し込み、翌年2月~5月で通信指導。
夏にeラーニングを受講して、修了証を貰う。
そっからの入会・登録なので、活動できるのは早くても来年の8月頃。

費用は、講習と入会・登録諸々で、313,000円。

なかなかのお値段です。
しかも、年会費90,000万円と政治なんちゃら費6,000円は毎年納めないといけません。

さらに、数年おきに移住する僕のライフスタイルでは、費用が嵩んでいきます。
入会金は引き継がれるみたいですが、収入印紙や登録手数料は都度都度払わないといけません。

仙台に住むのはあと2年で、登録できた頃には残り1年。
たった1年だけで、大阪に移住したらまた支払いが生じます。

ぶっちゃけ、移住&ちょろっと働くだけの僕のニーズには、そんなに合わない仕事と言えます。

しかし、多少損してもいいので、とりあえず経験してみたいと思っています。

理想の働き方としては、社労士会紹介で区役所の閑散とした年金相談ブースみたいなところでボケーっと。
たまにおばあちゃんが来て、孫がどうとか、ご近所さんがどうとか、半分世間話みたいな感じでまったりと。

他には、土建屋のおっちゃんと顧問契約して、従業員の労災・雇用保険・健康保険・厚生年金関係の手続きをササッと。
あとは、給与計算の代行とか。

自分の都合に合わせて、週1・2ぐらいで仕事して、時給2,000円ぐらいを理想しています。

超かる~く調べたところでは、こんな感じ。
幸いなことに、社労士試験合格や事務指定講習修了は生涯有効。
合格後いつ講習を受けてもいいし、修了後にいつ入会・登録をしてもOKです。

講習の申込み期限までには、あと2ヶ月ぐらいあるので、情報収集を進めます。
Source: Time is money  キムのお金日記