ドキドキ 海江田、鳩崎の顔を見ながら右眉を歪めて、口一文字にニッコリと、
「はいはい。かかか、まさか、日本に来て、すぐさま、鳩崎部長の俎板の鯉になるとは…。」

鳩崎、店主の兼重具充(かねしげともみつ)に、
「マスター、お代わり。」

兼重、
「畏まりました。」

浴室から出て葉子、冷蔵庫からサワーの缶を。
そして、「プシュ。」リビングで仕事をしている母親に、
「かあさ~~ん、お風呂、どうぞ~~。」

「あ~~。ありがと。これ、仕上げたらね~~。もぅ~~っちょい。納期、明日までなんだ~~。」

パジャマ姿での葉子。
「なんとも、凄いよね~~。さすが、我が母。センスが凄すぎるよ。私にゃ無理だね。」

その声に由佳理、
「かかかか、葉子にそう言ってもらえると、かあさん、凄い励みになるんだけど~~。ほほほほ。」

そんな母に葉子、
「うそでしょ。」
そして、
「さてと。」

今度は廊下を歩いて父親の書斎に。ノックをして、ドアを開けて、
「とうさん。おやすみ~~。」

カタカタとキーボードを打つ音と稜平、
「おぅ~~。おやすみ~~。ごめんな~~、あんまり話、出来なくて~~。」

葉子、そんな父に、
「ふん…???何言ってる~~。あんまり羽目外して、体、壊さないでよ~~。」

「あ~~い。」
「じゃね~~。おやすみ~~。」

「おぅ~~。」

こちらは、アパートでひとりの…、輪湖。シャワーを浴びて、こちらもパジャマ姿で…。
そして頭の上にはバスタオル。そしてスマホのアルバムから見るひとりの人物。
「レオ様~~~。」

そのままベッドの端に背中を…。
「あ~~~。」
そして体を起こして、今度はベッドに。そしてまた、
「あ~~~。」

スマホの画面をそのままに、そのまま胸に…。

そして…。

葉子と輪湖の前に、一皿ずつの料理が。

葉子と輪湖、両手を合わせて、
「いただきます。」

既に料理を平らげている虎一郎、
「サブちゃん、お代わり。」

その声に佐武郎ニッコリと。

匡子、葉子と輪湖に、
「はい、どうぞ~~。」
そして、
「へぇ~~。新人さんの教育係~~。そりゃ、嬉しいかな、大変かな…。はは、どっち…???」

輪湖、
「ふ~~ん、なんだかな~~。なんとも、気難しがり屋のお嬢さんって話だけど。」

「それにしても、気になるよな~~。その新人。」
虎一郎。

「…って言うか、あんたもあんたで、営業、そんな暇な訳~~???仕事が終わるの、やたらと早い。」

虎一郎、
「おぃおぃ。それはないでしょう~~。一応、ノルマは達成させて頂いてます~~。」

匡子、
「かかかか、さすがコイッちゃん、仕事、早い早い。」

ドアが開いて…。

匡子、
「いらっしゃい…。」
その瞬間、匡子、目を真ん丸く、
「えぇ~~~えっ!!!」
そして、目をパチクリと、
「う…、うそ…!!!」

店に入ってきたひとりの人物、右手を右肩まで上げて、一言、
「ヨッ。」

匡子、いきなり、
「ば…、獏ちゃん。」

瞬間、虎一郎、その声に後ろを…。そして虎一郎も、目を真ん丸に、
「えっ…???…うそ…。」

ひとりの男性、目の前に飛び込んで来た男性を見て、
「おや。」
そしてその隣で料理を食べているふたりの女性、ひとつ椅子から離れて、
「ここ、いいかな…???」

虎一郎、すぐさま隣の輪湖の左二の腕を…。

輪湖、
「うん…???」
そして右の方を…。輪湖もいきなり目を真ん丸く。そして葉子の左肘を右肘で突っつく。

葉子、また一口。輪湖を見て、
「…ん…???」

輪湖、顎で合図。

葉子、さりげなく自分の右を…。
「!!!!」
思わずフリーズ。口の中の物をそのまま、目を素早くパチクリとさせて…。

男性、匡子に、
「久しぶり。」

葉子、いきなり口におしぼりを…。

そんな女性を見て、男性、初めて気づく、
「えっ…???」
その女性と、となりの女性に、
「えっ…???…えぇ~~え…???」

ようやく葉子、口の中のものを、口におしぼりを当てながらモグモグと。

輪湖、
「海江田課長~~???」

虎一郎も、
「か…、課長~~。」

海江田も目を真ん丸く、
「え…、えぇ~~~え~~???…いやいやいや。」

匡子、
「へっ…???…何々…???…みんな…、この人の事…???」

輪湖、数回頭をコクリと、
「うんうんうん。営業推進部の海江田課長~~。ほら、新しく海外から日本に…、赴任…。って、匡子さんには…???…あれ…???」

匡子も、鳩が豆鉄砲を食らったような顔で、
「えぇ~~~え~~???…いやいや、話は聞いてるけど、まだ…、名前までは…。」

輪湖、思わず顔を傾げて…、
「えっ…???…あっ…。だっけ…???」

海江田、
「いやはや…、参ったね~~。まさか、ここで、君たちに会うとは…。」

こんな私です。~選葉子(すぐりようこ)~   vol,024.   葉子と輪湖、両手を合わせて、「いただきます。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 きっと大丈夫

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

アメーバ
Source: THMIS mama “お洒落の小部屋