airport-g53c423f24_1280.jpg

僕は海外旅行も好きで、セミリタイア後、コロナが始まる2年間で、韓国2回(ソウル・釜山)、台湾1回に行きました。
タイ旅行も計画して、既に航空券まで取っていましたが、訪タイはコロナで不可能になりました。

最近条件が緩和されてきたので、海外旅行どうなんやろ?と頭によぎりました。

しかし、今は国内旅行のターンなので、国内を積極的に潰していこうと思いました。

現状は、国内旅行のゴールデンタイムとも言える期間。

地域版Go Toで宿泊費半額&2,000円クーポンは、かなりの破壊力。
以前利用した、JR北海道の特急列車まで6日間乗り放題で12,000円みたいな商品もあります。

加えて、外国人旅行客がごっそりいません。
コロナ前だと、観光地は平日でも外国人旅行客でごった返していました。
日本人客含め、相当人が多いので、騒がしく、席に余裕はなく、写真も撮りづらい。
それが今では、人もほどほどで快適です。

一方の海外旅行は、明らかに魅力が落ちています。

規制が撤廃された国もありますが、依然としてリスキー。

計画していても、飛行機が飛ばなかったり。
現地で感染した場合も、相当めんどくさそうです。

また、円安の影響で、かなり旅費も嵩みそう。
LCCもまだ本格復活していないので、航空券も高そうです。

日本の観光名所は行き尽くしたとか、どうしても行きたい国があるとかなら別ですが。
今敢えて海外旅行をする理由は乏しく、このゴールデンタイムに国内旅行しとかんともったいないとの認識です。

Go Toの全国版も今月中に復活か?との話も出ています。
今秋ほど、安く・お得に旅行できる機会はもう訪れないかもしれません。
僕は、10月に尾瀬or新潟、11月に鳴子温泉の紅葉を計画しています。

海外旅行は、国内旅行のゴールデンタイムが終了して、LCCの往来も以前のレベルに戻ってからでいいかなと思っています。
別に焦る必要はなく、海外旅行の楽しみは後に取っておけばいい。
そもそも仙台空港は国際線が乏しいし、2年後の大阪移住後にぼちぼち検討するかみたいな。
Source: Time is money  キムのお金日記