friends_boys.png

今年は月1ペースで旅行して、外食もぼちぼちして、自転車で有機ELテレビを買ったりと、それなりに贅沢しています。
生活レベルは、一般的な37歳独身男性とそんな変わらないんじゃないか?と思っています。

しかし、今年8ヶ月間で使ったお金は約160万円。
年金の2年前納40万円弱があったので、それを除くと約120万円。
おそらくかなり少ない金額です。

これだけ少ない要因は、自炊中心(食費1.5万円)、家賃の安さ(4.3万円)もあるでしょう。
それに加えて、交際費が少ないことが挙げられます。

今年のこれまでの交際費は、約5万円。
内2万円は、姪っ子のお年玉、小学校入学祝い。
その他は、彼女とのランチ代が大半です。

働いていた時から少なく、年間1万円ぐらいの年もありました。
職場の飲み会は、歓送迎会、忘年会ぐらいで、福利厚生の積立金から出て自己負担はなし。
職場内外での個人的な人との付き合いは皆無でした。

周りは交際費を、どのぐらい使っていたのでしょうか?
大人の付き合いと言えば、基本的には飲み。
1回5,000円として、週1で職場関係で、週末に友達や恋人と会えば、1週間で1万円。
月4万円とかになります。
2次会、3次会となれば1日1万円とかなるし、結婚式に呼ばれると祝儀だけで3万円。
年間の交際費が、50万円オーバーとか普通にありそうです。

それなりに交友関係のある人なら、僕と比べて年間50万円ぐらい交際費を多く使っている。
現役期間を40年とすると、50万円✕40年=2,000万円
これだけで、ライトなセミリタイアなできる金額になります。

それがいいか?悪いか?は置いておいて。
友達がいなければ、セミリタイアできると言っても過言じゃないかもしれません。

少なくても僕が32歳でセミリタイアできたデカ目の要因として、友達がいなかったことがあります。
Source: Time is money  キムのお金日記