ドキドキ 丈師、肩に掛けたベルトを外して、和奏に、
「よろしいでしょうか〜。」
ニッコリと。

和奏、
「えっ、えぇ〜〜。はいはい。」

蒼介も理沙も玄関に…。

蒼介、
「凄ぇ〜〜。」

理沙、目を真ん丸に、
「お〜〜っきぃ〜〜。」

丈師、クーラーボックスをフロアに。そして、
「これなんですがね。」
開けて…。

和奏、そして蒼介も理沙も、
「す〜〜ご〜〜〜。」

丈師、
「かかかか、大漁だったもんで…。ちょいと、お裾分け。」

和奏、
「いいんですか〜〜。」

丈師、笑顔で、
「どうぞ、どうぞ。ウチでは、食べきれないんで…。まっ、冷凍はしますけど…。」

蒼介、
「凄げぇや〜〜。いやいやいや。丈師さ〜〜ん。」

和奏、丈師に何度も頭を下げて、
「すみませ〜〜ん、甘えさせていただきます〜〜。嬉しい〜〜。」

丈師、
「蒼介さん、これで、今夜、刺身で一杯。行けますよ。かかかかか。」

蒼介、ニコニコと、
「そうっすね〜〜。かかかか。」

「ところで、和奏さん、捌くのは…???」

その声に和奏、少し、困ったような顔で…、
「わた…し…は〜〜。う〜〜ん。」

瞬間、理沙、いきなり両手をパン。
「そうだ。おじさん、魚、自分で釣って、自分で卸してって…。」

丈師、その声に、ニッコリと、
「理沙さん、ビンゴ〜〜。」
右手、親指を立てて。

蒼介、いきなり口を開けて、
「わおっ!!!」
そして丈師の前で、両手を合わせて、
「丈師さん。お願い。この通り。」

丈師、ニンマリと。和奏に、
「よろしければ…。」

和奏、深々とお辞儀をして、
「おね…がい、します〜〜。」

丈師、
「では、早速。」

すぐさま車に戻って、また玄関に、
「ほぃほぃほぃ。」
包みを左手にそして右手に大き目の俎板を。

蒼介、それを見て、
「凄ぇ、マイ包丁〜。俎板まで…。」

丈師、
「すみません。お邪魔しても…。」

蒼介と和奏、慌てて、
「どうぞ、どうぞ。」

理沙、
「将輝君と麗亜ちゃん、30分前に帰って。」

その声に丈師、
「うん。そっか。いつもありがと。」
そしてクーラーボックスをまた肩に。

3人、リビングに…。

ゆっくりと理沙、車椅子で…。

丈師、
「そう…だな〜〜。和奏さ〜〜ん。テーブル包めるくらいのビニールシートって…。」

和奏、その声に、
「あ、あ〜〜、はいはい。」

そしてテーブルにシートを…。そして俎板を置いて。

蒼介、
「完璧。」

丈師、
「これなら、理沙さんにも、見える。はは。」

理沙、その声に、
「うん。はは。嬉しい〜〜。」

そして丈師、クーラーボックスからお気に入りのを…。
そして始まる解体。

理沙、
「うわ〜〜。跳ねてる〜〜。」

丈師、楽しそうに、
「生きてるからね〜〜。嬉しいね〜〜。うん。」

そして見事な包丁捌き。

和奏、頻りに自分のスマホで写真を…。
「こんな時って、滅多にないからね〜〜。」

丈師、
「ははは。いやいやいや。」

そして和奏、何を思ったのか、その画像をラインで…。

丁度、食事の支度の流美、
「うん…???あら、和奏さん。」
そして、画像を見て、
「え―――――――っ!!!」
すぐさま和奏にコール。

和奏、
「おっと来た。」
すぐさま和奏、スピーカーにして、流美、開口一番、
「どういう事〜〜〜???」

和奏、丈師を見て、
「…だ、そうです。」

その声に丈師、
「かかかかか。流美ちゃ〜〜ん、今、瑞樹さんの家〜〜。」

「そりゃ、分かってるけど〜〜。何、今、刺身してる訳〜〜。それって〜〜。」
「あ〜〜。今日、大漁でさ〜〜。」

蒼介、
「あっ、どうせなら、流美さ〜〜ん、食事の支度って…???」

流美、
「あ〜〜。これ…から…、なんだ…けど〜〜。」

「それじゃあさぁ〜〜。もう…かれこれ、将輝君と麗亜ちゃん、家に着く頃…、なんじゃないかな〜〜。流美さんの車にのっけて、ウチ、来てよ〜〜。一緒に刺身、食べよ〜〜。すんごい魚だからさ〜〜。」
蒼介、丈師を見て…。

丈師、
「了解。」

理沙、
「わはっ。」

和奏、すぐさまキッチンに、
「んじゃ、私は他の料理。」

流美は早速将輝に電話。

瑞樹家ではその時、
「ただいま~~。ねぇ~~。ガレージの前にワゴン車…。」
リビングから何かしら音が…。目に飛び込んできた光景に栞奈、
「えっ!!!」

蒼介、そして理沙、
「おかえり~~。」

和奏はキッチンから、
「はい、お姉ぇ、おかえり~~。」

丈師、
「おぅ、栞奈さん、おかえんなさい。」

栞奈、思いっきり目を見開き、
「すっご~~~い。え…???えぇ~~~???魚の…解体…。って…、おじさん、凄―――――――っ!!!」

将輝、バッグの中から聞こえるコールに。
「何だってんだよ~~。何度もよ~~。」

そして、コールは一旦切れて、今度は麗亜のウエストポーチに。
「お兄ちゃん、ちょっと待って。」

将輝、
「はぁ~~???」

麗亜、ポーチからスマホを、
「あっ、お姉ちゃん。もしもし。」

「今、どの辺…???」
流美の声。

「あと…、2、3分…かな…???」
「急いで。帰ったら理沙さんのとこ、行く。」

その声に麗亜、
「はっ…???」

信じて…良かった。   vol.237.   丈師、「かかかか、大漁だったもんで…。ちょいと、お裾分け。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 きっと大丈夫

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

アメーバ
Source: THMIS mama “お洒落の小部屋