ドキドキ そして将輝は自転車で帰って行った。

部屋に戻って理沙、スマホで杏美に、
「将輝、今、帰ったよ〜〜。」

その声にスマホ越しで杏美、
「何が将輝〜、今、帰ったよ〜〜ぅよ〜〜。た〜〜く〜〜。」

理沙、
「だ〜〜って〜〜。おとうさんもおかあさんも良いっていうんだも〜〜ん。」

「はいはい。んじゃ、兄貴に電話するから〜〜。」

理沙、ニコニコと、
「は〜〜い、待ってま〜〜す。」
通話を切って理沙、いそいそと…。

壁際にあるハンガ—ラックの洋服をあれこれと…。
そして、その隣にあるファンシーケースを開けてもいろいろと…。

ハンガーラックからは、
「こ…れ…、かな…???」
そして、ファンシーケースからはキュロットを。
「オッケ〜〜。」

理沙、数分掛かり、ベージュ系のキュロット。
フロントには黒のボタンが6個揃って付いてある。ウエストもベルト。
そして黒のバックル。そしてブラウン系のボーダー。半袖。
「これで、いっかな〜〜。」
そして車椅子毎180度転換して机の上に、スマホをあれこれと。

それから10数分後には、玄関のチャイムが鳴る。

理沙、瞬間、
「来たっ!!!」

そして…。ドアをノックして、
「理沙〜〜。水森さ〜〜ん。」

部屋の中から、
「は〜〜い。」

和奏、ドアを開けて、
「準備、出来たの…???…来たよ。」

その声に、
「あ〜〜、うん。今行く〜〜。」

和奏、玄関に。そして引き戸を開けて、
「こんにちは〜〜。」

引き戸の外、凡そ馨と同じくらいの身長の男性。

智樹、思わず目をパチクリとさせて、
「こ、こんにちは〜〜。きょ、今日は…、あ、あの…、すみません。ありがとうございます。」

そんな男性に和奏、ニッコリと、
「いいえ~~。丁度、準備、出来たようでしたから…。」

すると理沙、スルスルと玄関に。

引き戸の外の男性を見て、ほんのり顔を赤らめて、
「こんにちは~~。」

智樹も、
「こんにちは~~。」
そして理沙、母に、
「じゃ、おかあさん。」

和奏、顔をコクリと、
「うん。行ってらっしゃい。」

理沙、車椅子を反転させて、スロープをスルスルと。

瞬間、智樹、
「凄い。」

そして理沙、玄関を出て…。和奏はその後ろを…。車に辿り着いて…。

智樹、
「あ、あの…。」

和奏と理沙、同時に、
「後部席に…。」

理沙、母を見て、
「かかかか。」
和奏、理沙を見てニッコリと。
男性に、
「車は…、理沙、この子、今まで、家の車にも、後部席で…。」

智樹、
「あ、あ~~。はい。うんうん。どうぞ。」

理沙、
「すみませ~~ん。」

智樹、後部席のドアを開けて、
「大丈夫…???」

理沙、まだ顔を赤らめて、
「はい。大丈夫です。」

智樹、一連の動作を見て、
「凄~~い。なんとスムーズ。」

和奏、
「すみませんが…、車椅子は…後ろの…。」

「あ~~、はい。」
そして…。

智樹、和奏にお辞儀をして、
「じゃ、じゃ~~。」

和奏、
「お願いします。」
丁寧にお辞儀をして。

理沙、窓から母に手を振り…。和奏も同じく手を振る。
ゆっくりと車は動き出す。車が遠くなるまで見送る和奏。
車が角を曲がった。ようやく和奏、
「ふ~~。さてと。」

車の中で理沙、さっきから鼓動が高鳴っている。

智樹、運転しながらバッグミラーを、そして、
「ごめんね。無理に誘ってみたいで…。」

その声に理沙、
「あ、いいえ。」
いきなりの声に理沙、またまた鼓動が…。

「杏美の友達で、ありがとね。」
「あ、いえいえ。」

そして、1分程の沈黙。

智樹、
「あ、あの…、何処か、行きたいところって…。」

理沙、またいきなりの声に、
「あ、あ~~。はい。あ、いえ…。と、智樹…さんに…、お任せ…します。」

けれども、前からずっと、行きたいところは頭の中に…。
でも、頭には浮かんでいるが、口から出てこない。

「じゃ、じゃあ~~。とりあえず、どこかで、軽く、コーヒーか、何か…。」
「あ、あ~~。はい。」

智樹、それから20分程、車を走らせて。とあるイベント会場の近くの駐車場に…。
そして車から降りて、今度は後ろのトランクから車椅子を。ドアを開ける。
畳んである車椅子を。ドアの内側に。

理沙、
「あ、はい。ありがとうございます。大丈夫です。自分で出来ますから。」

智樹、その声に、
「あ、あ~~。うん。うんうんうん。」
ふと、杏美から電話で言われた事を思い出した。
「…理沙の事、あまり気を遣わないで。自分のやりたいようにやらせて。じゃないとあの子、怒るから…。」
その事を思い出しながら智樹、理沙を見守り、頭の中で、
「…凄い、全部自分で…。」

そうこうしている内に、理沙はしっかりと車椅子に。

智樹、
「凄いよ、理沙さん。完璧。」

信じて…良かった。   vol.231.   そして将輝は自転車で帰って行った。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 「雫音〜shizukune〜」

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

アメーバ

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋