ドキドキ 理沙、すぐさまスピーカーにして…。

スマホから将輝の声、
「おぃおぃ、凄ぇぞ、おま、理沙~~。順応天大学、パラリンピック排出多数って。」

理沙、
「かかかか。私だって、今見てビックリ。」

そして栞奈も、
「まさかね~~。」

将輝、
「あっ、栞奈さん…???」

「うん。とにかく、ここまで来れたの、将輝君の御蔭だよ。」

そんな姉に理沙は相変わらず、顔をグシャリと。

そして、ソファに座ってコーヒーを飲んでいる蒼介も、
「その通りだ、将輝君、ありがとな~~。」

そんな理沙の父親の声も、スマホを通して聞こえる。
「おじさん。」

その時、理沙のスマホに他からの着信。
理沙、
「あっ、将輝、ごめん、アズから電話。切るね~~。」

その声に将輝、
「あ~~、うん。分かった。」

すぐさま理沙、スマホを持って、
「はい、私~~。」

栞奈、口をへの字にして、
「ふ~~ん~。将輝ね~~。」

蒼介、
「ふ~~ん。」

和奏、2階からリビングに。
「とうさん、明日の準備、OKね~~。」

蒼介、
「あ~~。ありがと~。」

栞奈、
「ねね、かあさん、順応天大学って~。」

和奏、
「ん~~???」

理沙、いきなり、
「えっ!!!うそっ。あした…???」

その声に栞奈も和奏も、蒼介も、
「うん…???」

理沙、スマホを耳にしながら、
「あ、あ~~。ちょっと待って、アズ~~。」
理沙、慌てながら車椅子を動かして、
「アズから電話。ちょっと私、部屋に。」
そしてリビングから離れる理沙。

栞奈、そんな理沙を目で追って。

蒼介、
「ん~~。うん。」

和奏も理沙を目で…。

栞奈、母に、
「かあさん、これ。順天堂大学。なんと、パラリンピック排出多数~~。ほら~~。」

その声と、スマホの画面に和奏、
「う~~~っそ。ほんと…???凄~~。」

理沙、廊下に出て、
「アズ、アズ、幾ら何でも、明日って…???」

その声に杏美、口をグンニャリとさせて、
「私もさ、今日の電話で、いきなり明日って、それ、ちょっと酷くない~~って言ったの。」
ベッドの上で胡坐を掻きながらの杏美。

スマホからは理沙の声、
「うんうん。」

杏美、
「そしたらさ、車で迎えに行くんだから、いいだろって。」

理沙、部屋に入って、
「そ、そりゃ、私、車じゃないと…ダメだ…けど…。」

「せめて…、明日じゃなくって、来週にしたら~~って…。そしたら兄貴のヤツ。まっ、とにかく、電話してみてくれって。…たく~~。…なんか、理沙にピンと来たのかな~~。」

理沙、途端に顔を赤らめて、
「えっ…???うそ…。」
そして理沙、
「ん~~~~。アズのお兄さん、嬉しいんだけど~~。ただ、私、おかあさんやおとうさんに言わないと…。」

その声に杏美、
「な~~んだよね~~。」

理沙、
「でも、でもでも~~。かかか。嬉しい~~。アズのお兄さん、かっこいいじゃん。はは。」

瞬間、杏美、
「お~~~い。」

そして、杏美との電話はそれから5分程度で切れる。

理沙、
「な~~んか、凄い事が立て続けに起きているのではないかぃ~~。かかかか。さて。勉強、勉強っと~~。」

翌日のお昼休み。リビングで理沙、
「ねぇ~~、おかあさ~~ん。」

和奏、キッチンから、
「うん~~~。」

「ちょっと、相談があるんだけど~~。」

「相談…???」
理沙を見て…。

理沙、口を尖らせて、顔をコクリ。

和奏、
「何、大学の事…。だったら、おとうさん、いる間に話したら良かったのに~~。」

理沙、首を振って、
「ううん~。大学の話じゃない。多分、そっちは、順応天大学に…なっちゃうと思う~~。」

「まっ、確かにね~~。弓狩監督が推薦してくれたって言うのは、物凄いおっきぃもんね~~。監督いなかったら、今の瑞樹家…。」

理沙もその話に顔をコクリと、
「うん。」

「えっ…???大学の話じゃなかったら、一体…、何…???」

理沙、顔をグンニャリとさせながらもある程度、顔を揺らしながら、
「あの…さぁ~~。」

「何…???」

理沙、両目を右左に、そして口を真一文字にしたり、歪めたり、眉を上げたり下げたり…。
「アズのさ~~。」

和奏、そんな理沙をキョトンとしながらも、
「アズちゃんの…。」

「アズのさ~~。お兄さん。」

和奏、目をパチクリとさせて、
「アズちゃんのお兄さん…。」

「私に…、一度、会ってくれないかって…。」
語尾を小さく。いきなり両手を口に、
「かかかかか。言っちゃった~~。」

和奏、
「一度、会ってくれないかって…。」
いきなり和奏、
「え――――――――っ!!!」

理沙、
「かかかかか。」

「そ、それって、つまりは…。」

信じて…良かった。   vol.226.   将輝の声、「おぃおぃ、凄ぇぞ、おま、理沙~~。順応天大学…。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》

庄司紗千「3センチの中央線」
※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

アメーバ
Source: THMIS mama “お洒落の小部屋