ドキドキ 杏美、
「麗亜ちゃん、どお…???お家に…???」

いきなり麗亜、
「えっ…???うそ…???いいの…???」

その声に理沙も和奏も、
「はははは。」

将輝、車の中を見て、
「うっそ、凄ぇ~~。ヒョエ~~。」

杏美、将輝にも、
「将輝君、どお…???お家に野菜。」

いきなり将輝、目をパチクリと、
「えっ…???いいの…???あざっす。」
けれども将輝、
「…って。」
頭を掻きながら、
「俺…たち、チャリ…。」

瞬間、理沙、
「ぷっ。」
そして将輝の右脇腹を左拳でズン。

将輝、顔を顰めて、
「痛って。」

理沙、
「かかかか。あんた、どんくらい貰おうって言うのよ~~。」

その声に杏美、
「かかかかか。」

理沙、
「でも、すんごい量だね~~。」

和奏、
「ヨシ。アズちゃん、これからどこに持ってく~~。」

杏美、
「はい。バレー部の亮子の家~~。和風レストラン、おじいちゃんとおとうさん、やってるから~~。もぅ、電話はしておいたから~~。で~~。後は摩季の家~。…で、残ったのを…、どうしよう…かと…。」

和奏、両脇に両手を、そして2回頷いて、
「うんうん。じゃ、こうしよう。…その、亮子ちゃんの家には…、どれ…???」

「あ~~。はい、ここから…に、なります。…で、摩季の家には、これです。」

和奏、
「そっか~~。でも、まだ、あるね~~。」
和奏、エプロンのポケットからスマホを出して、画面に指でトン。
そして左耳に。コールはするものの、相手は出ず。
「や~~っぱりね~~。」
そして、画面を変えて、トン、トン、トン。そしてサラサラサラと文字打ち。送信。
「ヨシ。これでオッケィ。アズちゃん、その分、いい…???」

その声に杏美、
「あ~~はい、お願いします。」

「うん。じゃ、将輝君、この分、玄関にお願い出来る…???」

将輝、
「あ~~、はい。はいはい。分かりました~~。」

理沙、
「おかあさん…???」

杏美、
「兄貴、お願い。」

智樹、
「おっ、おぅ。」

和奏、
「すみません。」
そして、
「今、流美さんに電話したら勤務中。だから、ラインして、野菜、分けてあげる事にした。」

麗亜、途端に、
「あは。」

「後で連絡くださいってラインしたから。」

麗亜、
「ありがとうございます。」

杏美、
「ねね、理沙~~。」

理沙、杏美に、
「ん~~???」

「グッ、ニュース。」
「グッドニュース~~???」

「うんうんうん。なんと、江梨子先生、いっきを食事に誘ったみたいよ~~。くくくくく。」

その話に理沙、
「うそっ!!!…えっ…???えぇ…???…キャハッ。」

その話に麗亜、目をパチクリと、
「えっ…???江梨子先生…、いっき先生と…???」

杏美、麗亜に、
「うんうんうん。これ、内緒の話なんだけど…。江梨子先生、いっきの事、好きみたいなの。」

思いっきり麗亜、口に両手を、
「へっ…???うそ…???」

理沙、そんな麗亜を見て、
「うんうんうん。」

その話に和奏、
「あ~~。そっか~~。八倉先生、家族、いなかったんだっけ…???」

理沙も杏美も、
「うんうんうん。」

「…で~~。ほら、良く女子会で使うレストラン。」
杏美。

理沙、
「うんうんうん。」

「そこになんと、亮子のおとうさん、町内会の人と…。」

理沙、目を真ん丸く、
「え…???えぇ…???もしかして…、バッタリ。」

その声に杏美、
「かかかか。」
首を振って、右手を振って、
「そんな簡単に…。いっき、亮子のおとうさんに全然気づかなかったみたいよ。しかも、いっき、その店に入ったの、初めてらしくって、お店、あちこち見てたって。…だ~~ってさ~~。その店、場所的に、亮子のおとうさんとおじいちゃんのお店に近いんだもん。」

理沙、
「えっ…???…そうなの…???」

「ふん。亮子、言ってたから…。しかも、出来てまだ3年程度のお店。」
「そうなんだ~~。」

「なんだか、いっき、江梨子先生にリードされまくりだったらしくって…。亮子のおとうさん、こりゃ何かあるなって…。さっき、亮子と電話して、話してた。」

「へぇ~~。」
そして理沙、車椅子で頭を右左に、
「な~~んか、嬉しくなってきたな~~。はははは。」

その時、アプローチを歩いてきた智樹、庭を見て、
「な~~んか、凄いっすね~~。一般家庭にバスケットコートにリンクって、本格的っすよね~~。あんまり見掛けないですよね~~。へぇ~~。」

その声に麗亜、
「理沙お姉さんの車椅子バスケの練習用~~。」

智樹、瞬間、
「うそ…!!!」
そして理沙を見て、
「ヒェ~~。凄ぇ~~。君が車椅子バスケ…。」

麗亜、また、
「そしてお兄ちゃんがそのバスケ、教えてるの。」

智樹、後ろの男子を見て、
「えっ…???そうなの…???」

将輝、ペコリと頭を、
「はい。」

信じて…良かった。   vol.220.   杏美、「麗亜ちゃん、どお…???お家に…???」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で…。

※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

アメーバ
Source: THMIS mama “お洒落の小部屋