computer_net_stalker_woman.png

ブログを始めた10年半前、超ダメ公務員としての日々を過ごしていました。

仕事ができないので、職場では常にツッコまれ、イジられ、マウントを取られます。
最底辺でした。

ブログを始めるにあたり、ネット上ではもう1人の自分でいたいという思いがありました。
マネーという相対的には得意な分野で意見を述べることで、一定のリスペクトは得られるかなみたいな。

当初こそ、そこそこ上手くいっていた感覚ですが・・・
やっぱり長く続けていると、ネット上だからと言って日頃の自分と同じキャラになってきます。

ずっと書いていたら、内容・論理破綻・誤字脱字の多さ等から、「あ、こいつアホやな」とバレてしまいます。
いつものように、下○タ、微妙な冗談もほりこみたくなってしまいます。

そういうところで目をつけられ、マウントを取られた際の返しがまた下手。
さらにマウントを取られ、いつ頃からか、リアルの僕とほぼほぼ変わらないキャラになっていました・・・

高校、大学、就職デビュー全てに失敗してきた僕ですが、ネットデビューも完全に失敗してしまいました。
どこにいっても、僕は僕でした。

しかし、これは僕だけじゃなくて、一定期間SNSをやっていれば、リアルのキャラにかなり似通ってくるんじゃないか?と思っています。
ネット上でもコミュニケーションがある中で、それらを積み重ねて、周りから評価され、結局は同じような立ち位置で固まる。

リアルではスゴい人が、ネット上ではめっちゃバカにされていたり。
逆に、リアルではダメキャラが、ネット上ではリスペクトされていたり。
匿名でも、そんなないんじゃないかと。

そう考えると、ブログでもTwitterでも長くやっている人は、一定の信頼感を感じます。
Source: Time is money  キムのお金日記