result-gab347befc_1280.jpg

7月末に受けた社労士模試(2回目)の結果が出ました。

mosi_202208081702065de.png

選択式33点/40点、択一式55点/70点

1回目に続き、マークミスはなく、自己採点通りでした。

成績は、選択式が2258人中の336位、基準点割れの科目があるのでF判定。
択一式が2244人中の56位、A判定でした。

成績の詳細を見ていくと、選択式で33点以上は200人以上。
しかし、33点以上で基準点割れなしとなると、100人ちょいぐらいに減ります。

8割以上得点している人でも、半分ぐらいが足切りを食らっていることなり、改めて社労士試験の厳しさを感じます。

しかし、少しホッとしたのは、僕が基準点割れした健康保険。
やはり難しかったようで、平均点は5点満点で2.1点。
各科目の中で最低でした。

hoken.png

重要なのが、得点分布。
基準点以上の人が半分いない場合は、基準点の補正(救済)が行われます。

グラフを見ると、3点以上は半分いってないので、この場合は2点でもOK。

健康保険で2点を取ってしまい、F判定となりましたが、この難易度では仕方ないとも思いました。

さて、模試はこの2回で終了。
試験まで残り3週間です。

これからは、ギアを上げて1日4時間は勉強します。

2時間をテキスト読み、1時間を過去問等の問題演習、1時間を白書(時事)や判例、法改正に充てます。

模試の結果を見ても、合格レベルの力はついています。

基準点の厳しい選択式でミスをせず、択一式では実力を普通に出し切る。
その上で、運が悪くなければ合格できるかなと思っています。

確率的には、50%をやや上回るぐらいでしょうか。

不安要素を取り除くことはできませんが、この試験の特性上やむを得ないことなので、できることをやっていきます。
Source: Time is money  キムのお金日記