今日で学校は終わり、明日から夏休みである。
夫が学校から大量のじゃがいもや果物を車パンパンに持ち帰ってきた。
本来なら給食室のスタッフと果物担当のスタッフが処理してから帰宅するはずが、明日から夏休みでウカれたのかヤル気がないのかハヨ帰りたいのか、放置してサッサと帰った。
明日から6週間休みになる為、夫と上司が戸締まりや冷蔵庫をチェック、そこで見つけてしまった。

夫の上司は明日からポルトガルに1ヶ月行くから食べ物は持ち帰れない。ひとまず夫が全て持ち帰り、友達に配る事にした。
あいつら‥ほんまに‥
夫は言いながら大量の野菜と果物を車から降ろしていた。

学校教員も私の職場のスタッフも、結局同じだなとつくづく思う。
弁当の食べ残し、バナナやミカンの皮、食べ残した豆のトマト煮をゴミ箱にどんどん捨て、それから悪臭が出て尚、その日に最後までいたスタッフの誰一人としてゴミを捨てない。
溢れたゴミに更にゴミを乗せ、誰がやるかを待つ我慢大会状態である。
結局、いつも同じ子がやる。
飲んで何日も経過したコーヒーカップが何日も何日も放置。
我慢出来なくなった誰かが洗うまで、使った本人は決して洗わない。

一人なら特定出来るが、これが半分以上いる。
いや、もっとかも知れない。
イギリスで働き始め、私はこういうトコが一番理解出来ずにいる。
放置できる感覚。
それがコーヒーの飲み残しであれ、生ゴミであれ大便であれ、放置出来る神経が分からん。
一生理解出来ないであろう。
これも又、超えられぬ壁であるが、別に越えんでもエエやつやから気にしない。
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記