ドキドキ ジュースを飲んでいる麗亜に丈師、ソファに右腕を掛けて、顔は麗亜を向いて、
「じゃあ…、櫻美園と…、後は…???」

麗亜、
「へへへへへ。名城〜〜。」

「名城…って…。」
目だけ天井を…。そして丈師、2回頷かせて、
「あ〜〜、あ〜〜。理沙さ〜〜ん。」

その声に麗亜、瞬間、舌をチロリ。けれども口を尖らせて、
「ビンゴ〜〜。」
そして麗亜、またジュースをグラスに。そして2階へと…。

丈師、体を元の位置に…。
「そっか〜〜。櫻美園と、名城かぁ〜〜。」
そして、
「ふっ。理沙さん…効果ってかぁ〜〜。」

その頃、将輝はようやく駅に着いて自転車をロック。
駅構内に、そしてホームに。電車が来るまであと2分。

ポケットのスマホにラインの着信音。画面を見ると、柚花のアイコン。
「今、何処〜〜???」
そしてニッコリマーク。

将輝、
「これから電車に乗る。」
それだけを送信。

クレマチスのカウンター席に柚花、スマホを何度も見て…。
そして右左へと目を…。そして首をぐるりと窓を…。

結奈、
「な〜〜にぃ〜〜。さっきから落ち着かないけど〜〜。」

その声に浩紀も、
「かかかかか。ライン、何て…???」

浩紀の声に柚花、
「これから電車、乗るって…。」
ぶすっとした顔で…。

結奈、
「たった、2週間でしょう〜〜。プライベートで会ってないのって〜〜。」
そこまで言って結奈、両目をチロリと上に…。そして、
「あっ、失言。ごめん、柚花ちゃん。…だよね〜〜。一日千秋だよね〜〜。」
チロリと舌を。

浩紀、鼻の下を長くするように、
「…そか。一日千秋〜〜。」
けれども浩紀、
「彼と学校で会うなんて…???」
口を捩じりながら…。

その声に結奈、左肘で突っつくようなゼスチャーで、
「ある訳ないでしょ。だから、こうやって〜〜。」

瞬間、浩紀、
「おっとっとっとっ。こりゃ、やぶへびだぁ〜〜。」

その時、店のドアが開く、カウンター越しに、
「いらっしゃませ〜〜。」

柚花、玄関に体を。入って来たのは女性客。
「ふぅ〜〜。」

そんな柚花を見て結奈、慰めるように、
「ふふ…。」

時計を見ながらの柚花…。

その後20分程でまた店のドアが開く。開口一番、
「こんにちわ~~。」
将輝である。

浩紀、
「ヨッ、いらっしゃい。」

結奈、柚花の横顔を見て、
「お待ち兼ねよ。」

柚花、将輝の訪れにホッとしたのか、ニッコリと、
「待った~~~。」
顔を傾げて…。

将輝、
「家に帰って、まっすぐ来たんですけど…。」

そんな将輝に浩紀、
「さて。何にする???」

将輝、
「すみません。冷たいものならなんでも…。」

「んじゃ、またコーラにする。」
「すみません。お願いします。」

結奈、スツールの前で立っている将輝に、座るように手を差し伸べて。

将輝、顔をコクリと…、
「ありがとうございます。」

柚花、将輝に、
「家に帰ってまっすぐって…???」

その声に将輝、
「あ~~。…実は僕…。」
将輝、何気に頭を掻きながら、
「バスケ…、指導…してるって…、言うか~。教えてるって…言うか~~。」
一泊置いて…、
「そういうの…、半年近く…、やってるんです。」

その話に柚花、
「うん…???」

浩紀は、
「ほぅ…。」

結奈、
「あら…。」

柚花、将輝を見て、
「バスケの…、指導…???」

将輝、少し恥ずかしそうに、
「…指導って…言うか…。まっ、練習に…、付き合っているような…、感じなんですけど…。」

浩紀、
「へぇ~~。」

結奈は口を尖らせて、
「ふ~~ん。…で、それって、誰に…???」

将輝、すぐさま、
「僕と同じ、高2なんですけど…。」

浩紀、また、
「ほぅ。」

「その子に僕、車椅子バスケ、教えてあげて…。」

その瞬間、柚花、
「えっ!!!…車椅子バスケって…、もしかして…。」

その声に結奈も浩紀も、
「うん…???柚花~~。」
「おま、その車椅子バスケ…、知ってんの…???」

柚花、思わず、
「あっ、いや…。…って言うか、その高2って…、もしかして…、バスケ部、見学している、あの…子…???」

将輝、柚花を見て、
「えぇ、そうです。名城高校の2年なんです。」

瞬間、柚花、言葉がなく…。

浩紀も結奈も、柚花を見ながら、
「……。」

浩紀、将輝に、台に両手を就いて、
「将輝君。もしか…して…。その、車椅子の子って、女の子…???」

そんな浩紀を結奈は見て…。
将輝の隣で柚花も、特に表情を変えていない将輝を見る。

浩紀の声に将輝、淡々と、
「はい。高2の女子です。」

その声に浩紀、そして結奈に柚花は、
「……。」

柚花のアイコン。「今、何処〜〜???」そしてニッコリマーク。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋