本日は宮城蔵王旅行の2日目。

朝窓を開けると、雲1つない快晴が広がっていました。
全国各地に移住して、近隣を旅行していますが、バスや電車で行けるので天気を見ながら直前に予約できる点がいいです。
とは言え、ここまでの快晴は想定外でしたが。

PXL_20220701_221755338.jpg

朝食はバイキングをいただきます。
蔵王オムレツが美味しかったですね。

PXL_20220701_223517450.jpg

PXL_20220701_223841426.jpg

PXL_20220701_230949825.jpg

PXL_20220701_225658486.jpg

食事後は、3度目の温泉に入り、1時間ほど勉強して、チェックアウト。
リゾバの客室清掃の経験より、布団からはシーツを剥いでおく。
気を遣って押入れにしまうと、向きが違う場合に結局出してから再度しまう必要が出てくるので逆効果。
シーツだけ剥いでそのままにしておくのが、ありがたいと実感しました。

PXL_20220702_004653997.jpg

ホテルからはバスで、蔵王の刈田(かった)岳の山頂に向かいます。
天気がよく、宮城側からは土日しか運行してないこともあってか、バスは満員でした。
45分ほどで山頂に到着。

おそらく宮城県で1・2を争う有名観光地であろう御釜。
晴れているのでバッチリ見ることができました。
エメラルドグリーンの静かな湖面に、周りの迫力ある崖。
圧倒されました。
これだけでお金と時間をかけて、ここまで来た価値があると思わせてくれます。

PXL_20220702_024453477.jpg

刈田岳の山頂は1700m超。
麓の気温は35℃ぐらいですが、おそらく10℃以上低い。
一部雪も残っています。
心地よい風と陽射し、半袖でちょうどいいくらいで、避暑地として最適。
周囲には神社や登山ルートもあり、仙台まで一望ができるので、本当に最高の場所です。

PXL_20220702_025430370.jpg

PXL_20220702_033337131.jpg

PXL_20220702_024926425.jpg

これまで宮城で行った自然系の観光地の中では、ダントツのNo.1です。

山頂のレストハウスでは、御釜をイメージした釜のカツ丼。
遠刈田温泉まで戻ると人気のハンバーガーショップ。
どっちかで食事を計画していましたが、朝食バイキングでお腹がいっぱい。
最後のラーメンと焼きおにぎりが余計で、反省しています。

1時間半ほど滞在して、遠刈田温泉経由で仙台までバスで帰ってきました。
以上で、旅行記は終了。

旅費もまとめておきます。

ホテル1泊2食付 10,650円
仙台↔遠刈田温泉バス往復 2,600円
遠刈田温泉↔刈田岳バス往復 1,800円
レンタサイクル 880円
蔵王チーズハンバーグ 1,200円
蔵王ホエイモルク 162円
刈田岳神社賽銭 10円

合計 17,302円

ホテルはみやぎ宿泊割で、5,000円引きされています。
加えて地域クーポンが、2,000円貰えます。
仙台に帰ってから遅めのランチを食べ、帰りにスーパーで食材を買い込み、2,000円分を費消しました。

蔵王の御釜は、その知名度に違わず、めちゃくちゃ良かったです!

変に奇をてらったりせずに、とにかく人気・有名な観光地に行く。
現地では、見どころ・グルメ等、ガイドブック・パンフレット通りに行動する。
これが1番いいと改めて実感しました。

地域版Go Toも全国に広がり、普通だとちょっと躊躇するホテルでもお得に泊まることができます。
東北中心に旅をしていきたいと思います。
Source: Time is money  キムのお金日記