ドキドキ 小野倉、いきなり、
「お~~し、ナイス、リバウンド~~。」

それと同時に、ホイッスル。

第3クオーター終了。

「22対24」
小野倉、
「接戦だなこりゃ~~。」

邑、
「なんだか、凄い熱気。」

理沙も、
「うんうん。なんだか、ウィンターカップの時とも、また違った熱気。」

邑、そんな理沙に、
「へぇ~~~。」
ニッコリと。

将輝、
「理沙さん、監督たちの傍で、試合、見てたから。」

「あっ、そっか~~。うん。そうだね~~。」
そして邑、
「あっ、理沙さん、今も家で…、練習~???」

理沙、
「あっ。はい。…でも、寒くって、少しでも温かくなってきたとき…。でも…、30分が限界。」

邑、
「す~~ご~~。」

そんな理沙に将輝、
「ばか、おま…、あんま、無理すんな。」

邑、そんな将輝に、
「あらら。」

そして第3クォーター終了間際に小野倉、大きな声で。
「おしっ!!!」

理沙、また真ん丸の目になって大口になって、
「うそっ!!!」

将輝、
「凄ぇ~~。」

車椅子、傾きながらのシュート。

弓狩、
「ナイス。」

邑、
「あんな事も出来るのね~~。」

理沙、将輝に、
「あれって…???」
また将輝の肘のジャージを引っ張って。

けれど、将輝も、頭を傾げて、
「あっ、い…、いや…、俺も…。」

小野倉、
「ティルティング。」

理沙、将輝、
「ティルティング…。」

小野倉、
「うん。ほら。バスケならジャンプは当たり前だけど、車椅子ではジャンプが出来ない。」

理沙と将輝、頷きながら、
「うんうん。」

「そのジャンプ力を補うための技術、車椅子の片輪を上げて傾ける事によって、高さを出す。…けど、高度な技術だ。ある意味、空中戦のプレー。」

理沙、
「へぇ~~。凄~~い。」

観覧席でも杏美、
「ねね、今、車椅子、傾きながらシュート。」

馨も、
「うんうん。俺にもそう見えた。」

丈師、
「ん~~~。」

理沙、
「終わっちゃった~~。あと、ひとつ。」

将輝、
「あぁ~~。」

2分後、また選手たちはコートに。

第4クォーター。

点差はシーソーゲーム。

理沙、興奮気味に、
「早い、早い、早い―――――っ。」
そして、その後…、
「わっ!!!」

また車椅子が転倒。けれども…。

理沙、いきなり両頬に両手を、
「え――――――っ!!!」

車椅子、横に転倒はしたものの、勢いで片手が床に。
そして一回転したように車椅子はパタンと元のままに。

「凄―――――っ。」

観覧席でも、馨と栞奈、そして杏美がいきなり前のめりに、
「嘘だろ。」
「凄っ。」
「なんで…、出来る…???」

勢いが止まらない。

そして…、残り10秒。

その瞬間、エムブレムの観覧席、
「え~~~~。」
落胆の声。

将輝、
「ファールだ。…で、フリースロー。」

理沙、
「残り…、10秒だよ~~。」

ニューバード側のフリースロー。

2本が決まり同点。
その瞬間、エンブレム側、静まり返る。

理沙、
「入っちゃった~~。」

そして3本目。またもやネットにザシュ。

理沙、泣きそうな声で、
「やだよ~~。」

ニューバード側の選手、それぞれがタッチ。
エンブレム側、落胆。

残り3秒。

ニューバード選手たち、ゆっくりと…。
その時、エンブレムのゴール下から、いきなりボールが…。
ボールはセンターで一度バウンドして、待機していたエンブレムの選手がキャッチ。
そのまま猛ダッシュでニューバードゴールにシュート。

ニューバード選手、その選手のマークに追いつけず。ボールはネットに。
そして床に、トントントン。そしてホイッスル。

静まり返る会場。

理沙と邑、そして将輝、
「えっ???」

そして観覧席でも、
「えっ…???」
「今のって…???」
「うそ…。」

2秒後、弓狩、
「ホ~~ッホッホッホッ。」

三博、
「お~~し。」

睦実、
「OK、OK。」

エンブレムサイド、
「勝った―――――――っ!!!」

コート内のエンブレム選手、ガッツポーズ。

ニューバード選手、顔をあちらこちらと…。

小野倉、
「かっかかかかか。勝ちました~~。しかも、1点差~~。」
理沙と邑を見ながら、ニッコリと。
「たかが、練習試合と言えども~~。」

理沙と邑、顔を見合わせて、
「凄~~い。勝った~~。」
「うんうんうん。」

将輝、顔を綻ばせながら、
「凄ぇや、まさか。」

観覧席でも栞奈と杏美、その場で体を揺らしながら、
「凄い、凄い、35対34。1点差~~。」

丈師、
「ふ~~。ハラハラさせやがる。」

理沙、また真ん丸の目になって大口になって、「うそっ!!!」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》

庄司紗千「おふろ月夜」
※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

アメーバ
Source: THMIS mama “お洒落の小部屋