ドキドキ 邑、和奏に、
「もぅ、年末で、スポーツセンターも年末年始。」

その声に和奏、数回頷いて、
「うんうんうん。な~~るほど~~。」

弓狩、女子たちに、
「みんな、今回は、将輝と馨、本当に、お世話になった。私からもお礼させていただく。」
杏美たちに深々と頭を下げて。

涼香も同様に、
「ありがとうございました。」

そのふたりの姿に女子たち、いきなり目を真ん丸く、そしてみな両手を前にひらひらさせて、
「いえいえいえいえいえいえ。そんな。」
「やめてください。」
「私たち、そんなつもりじゃ。」
「理沙の友達が…。」

その光景を見て和奏、ニッコリと、
「みんな、凄いよ。はは。」

杏美、
「もぅ~~、おばちゃんまで~~。」

その声に和奏、首を振り、
「ううん。みんな~~。監督と涼香さんの気持ち、しっかりと受け止めてあげて~~。しっかりと受け止めてあげることも。人としては大切な事よ~~。」

蒼介、
「かかかか。正しく。」

和奏、
「将輝君のおとうさんなんて、何回も。」

その声に丈師、
「あっ、いや…。」
頭を撫でて。

流美、麗亜と顔を見合わせて思わず、
「ぷっ。」

「人を育てる意味でも、人の、そういう姿勢と言うのは大事。ある意味、交流を深めていくことになるのよ~~。ねっ、みんな。」

杏美達、思わず静まり返り…。

…けれども数秒後、麻都香、ニッコリと、
「はい。」

そして杏美達も、笑顔で、
「うんうんうん。」

弓狩、和奏に、ニッコリと、
「さすがですね、瑞樹さん。」

涼香、
「うんうん。ほんと、ほんと。私のおかあさんにもなって欲しい~~。はは。」

和奏、そんな涼香に、
「よろしかったら、いつでも~~。ははは。」

小野倉と邑、不思議そうな面持ちで、
「あの…???…何か…、ありました…???」

蒼介が話し出す。
「いえね。実は…。」

鴻上の部員たちは未だ鴻上の学生や関係者たちと…。
そして会場の方では時折歓声が…。
蒼介の話に恥ずかしげにも将輝と馨。
そしてこちらも恥ずかし気に杏美たち。

その内に、杏美達、そして流美も…。

杏美、理沙に、
「ねね、理沙、この人ってさ~。」

その声に理沙、杏美に顔を上げて、
「へっ…???うん…???はは。」

杏美、そんな理沙の反応に、
「へっ…???うそ。」
すると杏美、右隣の麻理絵に、そして左隣の芙美に。

すると女子たち、いきなり顔を見合わせて、
「キャ―――――――ッ!!!」

その声にいきなり一樹、
「おっと~~~。」

すると女子たち、するすると邑の周りを。
「すみませ~~ん。一緒に写真、いいですか~~???」

その光景に涼香、
「えっ…???…やっぱり…???」

男子陣は、いきなり顔を小刻みに…、
「???」

和奏、瞬間、
「ふふふ。」

すると杏美、
「いっき~~。私のスマホで写真撮って~~。」

そんな女子たちに邑も、笑顔で、
「ははは。」

そして麻理絵も、
「次、私の~~。」

それぞれが、
「次、私~~。」

一樹、
「いやいやいや。はいはい。…って、どうなってんだぃ。」

蒼介、丈師に、
「どうやら、横峯さん、芸能人の薬師丸ひろ子に似ているそうなんです。」

その声に丈師、
「薬師丸ひろ子…???誰ですかそれ…???」

いきなり流美、丈師の右肘を突っついて、
「義兄さん、もぅ~~。知らないの~~???」

一樹、次から次へと渡されるそれぞれのスマホを交代交代に、
「はい。行くよ~~。」
そして一樹、
「あっ。かかかか、どうせだ。将輝君、馨君、一緒に入っちゃえ。監督も。」

思わずその場がしっかりと撮影ムードに。
何と、その撮影ムードが10数分に…。

女子たち、自分のスマホでそれぞれ写真を確認し合い、邑に、
「ありがとうございました~~。」

邑もニッコリと、
「どういたしまして~~。ふふふ。」

小野倉、
「凄い盛り上がりですよね~~。」

涼香、
「だ~~って、ほんと、薬師丸ひろ子、そっくりなんだも~~ん。」

小野倉、将輝と馨に、
「しっかし、それにしても将輝君、凄いね~~。ゲーム、しっかりと拝見させて頂いた。」
そして馨を見ても小野倉、
「そして君。うんうん。」

弓狩も、そんな小野倉を見て微笑む。

涼香、弓狩に、
「監督、こちらの、小野倉さんとは…???」

その声に弓狩、
「ん~~~???はははは。」

そして小野倉も微笑み…、
「僕の…恩師ですよ。」

涼香、
「へっ…???…恩師…???」

弓狩、
「俺の…教え子だ。大学時代の…。」

和奏、ニッコリと、「みんな、凄いよ。はは。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》

庄司紗千「おふろ月夜」
※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

アメーバ
Source: THMIS mama “お洒落の小部屋