おはようございます。

昨日のNY株式市場は反発。マイクロソフトの4-6月期業績予想の下方修正、冴えない5月ADP雇用報告(民間部門雇用者数+12.8万人、市場予想+30万人)を嫌気して売りが先行し、10時台に32,509ドル(-303)まで下落。しかし、OPECプラスにおけるロシアの石油生産の落ち込み補填を目的とした増産合意、雇用指標の軟化がFRBの金融引き締めピッチをマイルドにするとの思惑などを支えに昼すぎに節目の33,000ドルをブレイクすると、引けにかけては上げ幅を拡大。個別ではボーイング、セールスフォース、ナイキなどが指数高を牽引。

ナスダックは急反発。GAFAM、エヌビディア、AMD、テスラなど主要銘柄が全面高に。

NYダウ 33,248ドル +435、ナスダック 12,316 +322
米10年債利回り 2.911% -0.020、為替 129.85円/ドル
NY原油 116.87 +1.61、日経先物 27,750円 +290

big (13)

□ 本日の展望 : 買い優勢 ± 週末需給

日経先物に追随した堅調スタート後、引けにかけては今晩の米5月雇用統計に絡めた需給波乱への警戒感、週末のポジション整理などが重石となる利確優位の推移が本線。想定レンジは27,500~27,900円。楽観シナリオとしては売り方の買い戻しラッシュ → 28,000円トライを念頭に。

★ 本日の戦略 : 28,000円台での余力空けすぎにも注意!

日経先物の27,700円台までの上昇により、リバウンド相場の第二関門としている「27,500円の攻防」における買い方勝利 → 来週の28,000円+アルファが視野に。よって、ストレス玉の縮小や保有銘柄数の増やしすぎNGはそのままに、好トレンド銘柄や継続予定銘柄に関しては28,000円台での余力空けすぎ → 高値掴みリスクにも警戒すべく、「悩んだら利確は最小限に、隙あらば買い増し」イメージで臨んでください。

〇 1570 日経レバ
当観点から、好トレンド東証主力株・中小型半導体株の保有率の小さい方は「上昇時の売りすぎ注意」による脱力トレードを継続。

☆ 6890 フェローテック : 2,8●0円までの押し目買い直し方針を継続。反発時も3,100円以下は悩んだら小口買い直しがおススメ。

☆ 7744 ノーリツ鋼機 : 本日は日経連動タイプと東証主力株への短期資金の流入が顕著になるとみていますので、従来シナリオを念頭に静かに熱く!

★ 6000番台主力銘柄 : 市場ムードの安定感がメガテーマ関連への注目度を高めています。小動意も買い増しへ!

直近参戦の ☆ スポット2銘柄も従来戦略を踏襲。

   (会員サークルより >>Sラボ参加案内

『 乱局に強い‘型’を確立する! 』

では 本日もよろしくお願いします!☆

     

   
Source: ◆S教授!次はどの株買えば良いですか!?◆