ドキドキ 蒼介、神妙な顔のままで…。そして腕組んで、
「母親が、子供たちを分からない。そして、その子供たちは、今度はそんな母親を怖がる。…けど、怖がる前に子供たち。物凄いショックだよ。泣き喚いただろうな~~。母親が、母親でなくなってしまったんだから。」

いきなり栞奈、
「とうさん…。」

理沙は車椅子の中で頭を下にしたままで…、泣きながら…。
そんな理沙の背中をさする栞奈。

和奏、
「理沙~~。ごめんね~~。あなたが悲しい思い、するの、おとうさんもおかあさんも分かってた。…分かってたけど、理沙とお姉ぇには、話さなきゃって。」

その声に理沙、頭をコクリと。

「おとうさんとおかあさんだけで、決められる問題じゃなかったから。…だって、一番は、理沙なんだから。事故に遭って、治療受けて。そして車椅子に乗って。…だけど、結局は…。」

栞奈も目を赤く、そして頬に涙。
「理沙~~~。」

蒼介、
「悔しいよ。悔しいんだけどさ~~。」

理沙、泣きながら、
「ごめん。」
顔を下に向いたまま車椅子を後ろに、そしてテーブルから外れて部屋の方に。

栞奈、
「理沙~~。」

和奏、栞奈を見て、そして蒼介を見て、頭をコクリと。蒼介もコクリと。

和奏、
「そ~~っとしておいてあげましょ。…もしかしたら、これが、今の理沙にとっての、事故からの…、最後の試練。」

栞奈、
「かあさん。」

「お姉ぇだって、分かるでしょ。理沙の事、愛してるから。」
「そりゃ、そうだけど~~。」

蒼介、
「俺たちは、とにかく理沙を見守る事しかできないさ。こうしろ、あぁしろなんて、出来ない。ただ、理沙が…、間違った結論だったら、心を壊さないように、質す。…なんじゃ、ないかな。」

そんな父を見て栞奈、口をへの字にして、頭をコクリ。

和奏、
「お姉ぇ…。」

そんな母に栞奈、
「うん。大丈夫、私の大切な妹だもん。」

「ありがと。」

栞奈、ゆっくりと椅子から立ち上がり、理沙の部屋に。
理沙は、ベッドのそばで、車椅子に乗ったままで泣いていた。

その理沙の背中から栞奈、理沙を抱き締めるように、
「理沙~~。」

理沙、
「うっ。うぅぅぅぅ。お姉ぇ…。」

栞奈、左手で理沙の頭を撫でて、
「うんうん。」
そして、
「もぅ…、休んじゃえ。」

理沙、頭をコクリと。そして上体を下に。
ペダルを立てて後ろに回して。栞奈はベッドの布団とタオルケットを。
理沙、アームサポートをぐっと引いて。スライドボードをベッドと自分のお尻の下に。
そして、自身でスルっと。両膝の裏を両手で持ち上げてベッドに。
栞奈、理沙にタオルケットと薄手の布団を…。

理沙、
「ありがと。」

栞奈、ニッコリと、
「うん。」
そして、
「…で…???…どうだったの、家庭教師…???」

いきなり目をパチクリの理沙、
「あぁ。……。」
そして目を右左に、
「追加注文あった。」

栞奈、
「追加注文~???」
そして、
「なにそれ…???」

「将輝君、馨君もって…。」

栞奈、いきなり、
「はぁ~~~あ…???」
2、3秒フリーズ。そして両手をパン、
「ぷっ。かっかかかかか。え゛~~~ぇ…???」

理沙、
「あの、バカ。」

「かかかか。何なら、私も手伝ってあげようか~~???」

理沙、その声に、
「あ~~。それ、いいかも~~。現役大学生~~。」

「時間があったらね~~。バイトの兼ね合いで~~。」

理沙、笑顔になって、
「うん。」

「じゃね~~。おやすみ~~。」
「うん。おやすみ。」

そして栞奈、リビングに。
「理沙、今、寝た~~。かかかか、家庭教師の話したら…、ふふ。」

和奏、ニッコリと、
「うん。ありがと。」

蒼介、
「へぇ~~。あぁ、今日から…。」

和奏、ニッコリと、
「うん。」

栞奈、また椅子に駆け寄り、椅子を引いて座り、
「ねね、将輝君の他に、馨君も~~???」

蒼介、
「は…あ…???」
和奏を見て…。

和奏もニコニコと、
「うんうん。私も帰って来てビックリ~~。馨君もいるから~~。」

栞奈、
「追加注文なんだって~~。」

「かかかか。うんうん。アズちゃん、そう言ってた。」

蒼介、
「なんと、なんと~~、かかかか。…って事は、馨君が追加注文…???」

栞奈、頭をコクリ。
「…で、理沙、将輝君、あのバカって。」

蒼介、
「あ~らら~~。」

和奏、
「さてさて。どうなりますか~~。」

蒼介、
「とにかく。この件は、理沙の反応。そして声を聞くしか…。僕らがどぅこぅは…。」

栞奈、
「分かった。」

和奏も、
「うん。そうだね~~。」

信じて…良かった。   vol.134.   栞奈、「うん。大丈夫、私の大切な妹だもん。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》

庄司紗千「おふろ月夜」
※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

アメーバ
Source: THMIS mama “お洒落の小部屋