ドキドキ 和奏、ふたりの食べっぷりに、
「ふふ。」

理沙、
「マジ、このラーメン、ヤバッ。ねぇ。」
将輝に。

将輝も、食べながら、
「もしかしたら、今まで食べたので、ダントツ。はは。」

カウンターの椅子に座っての三津葉、
「はは。」

「あぃよ~~。チャーシュー2つ。上がったよ~~。」

三津葉、
「あぃよ~~。」

和奏に、
「ゆっくりしてきな~~。」

和奏、
「うん。ありがと。」

理沙、
「おかあさん、ここって…。」
「うん。かれこれ…、もぅ…、20年近くになるかな~~。おとうさんとおかあさんの馴染みのラーメン屋。仕事終わりにはねぇ~~。ここのチャーシューが染みるのよ~~。もぅ~~、疲れた体には最高~~。」

将輝、
「へぇ~~。うん。でも、最高です。美味しいです。うん。」

後ろの席で、
「ごちそうさ~~ん。お代、ここおくよ~~。」

厨房から拓郎、
「あぃよ。悪かったな、ヤブちゃん。席変わってもらって。」

ヤブと言われた男性、そんな拓郎に右手を、
「いやいや。こんな別嬪さんと可愛いのとかっこいいのにゃ、俺の方が、席、変わっちゃうよ。」

拓郎、その声に、
「けけけけ。あんがとよ。」

和奏、その男性に丁寧にお辞儀をして。

男性、
「ゆっくりしてきな。」
入り口へと。

三津葉、
「ありがとうね~~。」

男性、右手を上げて引き戸を開けて外へ。

将輝、最後のスープを啜り。
「わぁ~~。美味しかった~~。」

和奏、
「かかかか。さすがに将輝君、食べるの早っ。」

将輝、
「ごちそうさまでした。」

三津葉、
「さすがにワカちゃんの娘。理沙ちゃん、大きくなって~~。それに可愛いし~~。」

その声に理沙、顔を赤らめに、
「……。」

「兄ちゃん、ちゃんと掴まえておかなきゃ、ダメだよ~~。」

その声に将輝、目をパチクリとさせて、
「えっ…???…僕…???」

理沙は、いきなり口をグンニャリと。

三津葉、
「うん~~。こんな、かわいい子~~。」

和奏、思わず、
「ぷっ。」

理沙、そんな母親にも口を尖らせて。
店は客が出たり入ったり。
時間は既に午後2時、昼のピークは過ぎてはいたが、店内の席は、まだ、ほぼ埋まっている。

和奏、厨房に、
「おじちゃん、相変わらず商売繁盛ね~~。」

「あ~~。貧乏暇なしだ~~な。ははは。」

そして、それから10分後には、和奏、席を立ってレジに。
「ごちそうさま~~。」

三津葉、
「あぃよ~~。」

理沙、車椅子で…。その後ろから将輝。
それほど広くはない店内だが、それぞれの客が、車椅子が通りやすいように椅子を引く。
その度に理沙と将輝、頭を下げて…。

三津葉、そんなふたりを見て、
「はは、礼儀正しいね~~。」

和奏、
「ありがと。じゃ、おばちゃん。」

「あぃよ~~。蒼介にもよろしく。顔忘れるから、さっさと来なって、言っといて。」

その声に和奏、
「ふふ。OK。ごちそうさま~~。おじちゃ~~ん。」

厨房から、
「あぃよ~~。またな~~。」

和奏、三津葉にニッコリと。

三津葉、
「気ぃ付けて。理沙ちゃん、はは。またおいで。」

そんな女性に理沙、右手を振って。

そして三津葉、満面の笑顔で、
「兄ちゃん、理沙ちゃん、頼んだよ。」

車椅子の前に…、そして引き戸を開けながらの将輝、
「えっ…???え~~。」

理沙は口を尖らせながらも顔を赤らめて。

和奏、引き戸を締めながら、
「じゃ、またね。」

外に出て理沙、
「はぁ~~。お腹いっぱい。凄いね、ここ、美味っしい~~。」

将輝も、和奏に、
「ごちそうさまでした。初めてですよ、僕、こういうとこ。」

和奏、
「はは、ほんと…???」

「はい。ラーメン屋って言ったら、食堂や、すきやラーメン。」
「うんうん。すきやラーメン、あるよね~~。」

理沙も、
「うん。私も知ってる~~。」

「さて。帰ろうっか。」
和奏、後部座席のドアを開けて。

理沙、髪を掻き上げて…。その時、
「わっ。」

助手席のドアを開けた将輝、
「えっ…???」

「コブ、出来てるよ~~。」

ガーゼで保護されているそのすぐそば…。

和奏もそこに触って、
「あららら。」

将輝、
「わ~~お。」

理沙、車椅子からシートに、
「痛くは…、ないけどね~~。」

和奏、車椅子を畳んで持って。

将輝、
「あっ、僕が。」

和奏、
「あっ、おっと~~。じゃ、お願い。」

「はい。」
軽々と車椅子を持ち、和奏、トランクを開けて。
将輝、
「よっ。とぉ~~。」

和奏、
「さっすが~~。」

 

信じて…良かった。   vol.119.   「おとうさんとおかあさんの馴染みのラーメン屋。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》

庄司紗千ハッピーストライド
※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

アメーバ
Source: THMIS mama “お洒落の小部屋