ドキドキ 流美、
「はい。着いたよ〜〜。」

麗亜、
「あは、ここ、ここ。」

将輝、車の中で、遥か後ろを見て…。

麗亜、
「お兄ちゃん、降りよ〜〜。」

将輝、
「あっ、あ〜〜。」

そして3人、アプローチに入って…。

瞬間、庭に見えるバスケットコート、そしてバスケットリンクを見て将輝、目を真ん丸に、
「凄ぇ〜〜。」

その声に麗亜、
「ふふ。でっしょう〜〜。」

将輝、
「…で…、玄関まで、これ…。ねね、流美姉ぇ、これって、何だっけ…。」

流美、
「スロープよ。」
流美、玄関のチャイムを…。

すぐさま声、
「は〜〜い。いらっしゃ〜〜い。玄関、開いてますからどうぞ〜〜。」

流美、麗亜を見て、
「はい。お邪魔しま〜〜す。」
そして引き戸を開けて…。

将輝、
「へぇ〜〜。おっと、ここにも…。」

急ぎ足で和奏、
「いらっしゃ〜〜い。」

将輝、玄関に入った瞬間、
「広っ!!!」

麗亜、
「ふふ。」

流美、
「和奏さん、これ…。」
紙袋を和奏に。

和奏、
「わぁ。何、そんな〜〜。」
笑顔で、困ったように…。
「理沙〜〜〜。」

和奏に後ろに、ゆっくりと車椅子で理沙、お辞儀をして、
「こんにちは〜〜。」

流美、
「こんにちは〜〜。ごめんね、また来ちゃった。」

そんな流美の声に理沙、笑顔で、
「いやいやいや。嬉しいです。ありがとうございます。」

流美、
「今日は…。」
そして将輝の左腕を引っ張って、
「この愚図を…。」

瞬間、将輝、叔母を見て、眉を歪めて、
「愚図って…、そりゃ、ねぇだろ。」

その景色に理沙、
「ぷっ。」

和奏、ニッコリと笑顔で…。
「ささ、どうぞ、どうぞ。」

流美、麗亜、
「お邪魔、しま〜〜す。」

将輝、ボソリと、
「お邪魔…、します。」

理沙、反転して…。

将輝、家の中をグルリと見て、頭の中で、
「…すんげぇ〜〜。広ぇ〜〜。ウチなんかと、比べ付かねぇ。」

確かに菅田家は2階建ての一般住宅。庭は猫の額ほど…。
それに比べて瑞樹家は、敷地自体140坪ある。
つまりは、一般住宅の1階と2階を合わせた広さに、
車が3台程入れるガレージの広さが加わる。これが瑞樹家の敷地面積。
その敷地面積に建つ建築物。凡そ建築面積50坪に1階が40坪、2階が30坪である。

リビングのソファには蒼介と栞奈。

蒼介、
「おぅ〜〜、いらっしゃい。」

栞奈、
「こんにちは〜〜。」

流美、
「あ〜〜。瑞樹さん、しばらくです〜〜。」

蒼介、
「うん。しばらく。どぅ、クリニック、忙しい…???」

流美、
「はは、お蔭様で…。」

栞奈、
「こんにちは、麗亜ちゃん。」

麗亜、
「こんにちは〜〜。」

蒼介もニッコリと。そして、
「ヨッ、将輝君。」

将輝、目の前のふたりに、チョコンとお辞儀をしてボソリと、
「こんにちは。」

栞奈、
「あ〜〜。将輝君、バスケットボール…、もしかしたら…、持ってきた〜〜。」

蒼介、
「おっと〜〜、そうだ〜〜。将輝君、ありがとな〜〜。バスケットポール、理沙に。かかか、もぅしっかりと使ってるよ。」

将輝、
「えっ…???」

ゆっくりとソファーの傍に車椅子を寄せる理沙。

そして蒼介、庭を見て、
「どうかな…???…あんな感じにできたよ。」

将輝、その声に庭を見て、
「凄いや。うんうんうん。」
バッグを肩から外して。
「家に、バスケットコートとリンクがある。凄ぇ~~。」

蒼介、そんな将輝に左手拳に親指だけ出して、
「どぅ…???…使ってみる…???」

その声に将輝、笑顔満面な顔で、
「いいんですか~~???」

流美、
「あ、あの…、瑞樹さん。そんな…、お邪魔したばっかりで…。」

蒼介、
「かかかか。いいじゃないですか~~。あんまり、シュートが決まらなくって、リンクも寂しがってますよ。かかかか。」
そして蒼介、将輝に、
「どうぞ、どうぞ。思いっきり~~。」

栞奈も、
「うん。どうぞ~~。」

将輝、いきなり理沙を見て…。
そんな理沙、唇を尖らせて、目をキョトンとさせて。

将輝、
「じゃあ、お言葉に甘えて。」

蒼介、
「おぅ。是非。」

将輝、玄関に。そしてシューズを履いて庭に。
蒼介も、リビングからそのまま、サンダル履きで…。

栞奈、
「はは、私も行ってみよう~~っと。」

麗亜、
「じゃ、私も~~。」
松葉杖を突いて麗亜。

栞奈、
「うん。一緒に行こう~~。」

麗亜、
「はは。理沙お姉さん。」
麗亜も理沙に顔を…。

理沙、頭をチョコンと傾げながら、
「仕方…ないっか~~。」

流美、
「はは、ごめんね~~理沙さ~~ん。」

理沙、そんな流美に、笑顔で首を振って、
「いえいえ。」

信じて…良かった。   vol.078.   流美、「はい。着いたよ〜〜。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 きっと大丈夫

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

アメーバ

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋