ドキドキ 理沙、
「早っ!!!凄っ!!!」

一樹、
「しっかし…、凄。わっ。またスリーポイント。」

蒼介も、
「え〜〜〜???…あの体勢で、シュート…。それも決まるし…。凄いね〜〜。さすが、やるもんだ将輝君。」

弓狩、
「おやおや。菅田将輝君、ご存じで〜〜。」

「え〜〜。あ〜〜。はい〜〜。娘が、入院中に、いろいろとお世話に。」
「そうですか〜〜。うんうんうん。」

涼香、母親らしき女性に、
「あ、あの…、将輝君とは…???」

和奏、
「あ、え〜〜。」
そして車椅子の理沙を見て、
「この子が病院に入院中に、車椅子バスケを教えてくれたのが…将輝君なんです。」

涼香、その声に、
「わお。そうだったんですか〜〜。」

「えぇ〜〜。」

顔を右左に動かして身を乗り出して見ている理沙。自然に両手まで動かして。
そしてパス回しに両手を叩いて。そしてセンターのダンクシュートには右手拳を、
「凄い。」
そして馨のスリーポイントに、
「ナイス。」
そして将輝の早さとドリブル裁きに、
「す〜〜〜〜〜。」

和奏、理沙に、
「理沙…???理沙…???」
理沙の顔を…。

目を潤ませている理沙。しかも笑顔で…。

和奏、体を戻して理沙の両肩に両手を、
「良かったね〜〜。」

理沙、目尻から涙が…。
「凄い、凄~~い。」

数分後、ホイッスル。部員たちがぞろぞろと監督の方に。
涼香と恵、タオルとボトルを…。

部員たち、初めて見る4人に、お辞儀をして、
「こんにちは〜〜〜。」

蒼介、
「いやいやいや。礼儀正しい〜〜。」

和奏も、その声に、
「うんうんうん。」

一樹、
「いいねぇ〜〜。」

弓狩、椅子から立ち上がり、
「みなさんにご紹介します。」
そして、車椅子の女子を。
「名城高校の瑞樹理沙さんです。」

部員全員、
「こんにちは〜〜。」

その元気な声に理沙、ペコリと頭を…。
「こんにちは。」

将輝はにやけて。
そして馨は、理沙に、軽く敬礼。

理沙、
「わは。」

弓狩、
「瑞樹さん、今、車椅子状態なんですけど…。バスケに興味があり、是非、鴻上のバスケを見学したいと…。いつも通り、後半ハーフ、よろしくお願いしますよ〜〜。」

その声に部員全員、
「はいっ!!!」

蒼介、小さな声で、
「凄ぇ〜〜。」

メンバーと一緒の将輝。

馨、そんな将輝に、
「おぃ。何、かっこつけてんだよ。彼女、行って来いよ。」

その声に将輝、
「えっ!!!何言ってんだよ。なんで俺…???」

「お前が言い出したんだろうが〜〜。ほら、行くぞ。」
「おぃおぃおぃ。」

そしてふたり、理沙の下に…。

馨、
「よっ、こんちは。」

理沙、そんな馨に、
「うん。こんにちは、元気…???」

「おぅ。」

理沙、蒼介と和奏に、
「この人が…将輝君の友達の、神野馨君。」

馨、
「うそ。俺の名前…???」

「もちろん、背が高くて印象あったもん。」

その声に馨、照れながらも頭を撫でて、
「あっ、かかかかか…。ははは。」

将輝、
「おまえこそ、何、照れてんだい。」

蒼介、
「将輝君。」

「あ、はい。」
「誘ってくれて、ありがとう。」

和奏、
「うんうんうん。将輝君がいなかったら、理沙…まだ何も…、全然。ふふ。」

涼香、
「へぇ〜〜、将輝〜〜。それに馨〜〜、瑞樹さんと仲…良いんだ〜〜。」

その声に馨、
「あっ、俺は…、彼女の両親とはまだ一度も…。今日が初めてで…。でも…、将輝の方は…。」

一樹も、
「将輝君。ありがとうな。」

涼香、
「へっ…???…先生も将輝の事。」

「え〜〜。もちろん。病院で会って〜〜。とにかく将輝君、医師や看護師からも人気あったから。」

涼香、瞬間、
「う〜〜〜っそ。この…、人見知りで、口下手な…。」
そこまで言って、慌てて涼香、口に両手を…。

馨、
「かかかかか。マネージャー。」

和奏、将輝を見て。
そして理沙も…、僅かに唇を歪める。

将輝、涼香に、
「俺って…。そんなに…、人見知りっすか…。…で、口下手…???」

涼香、そんな将輝に顔の前で両手を合わせて、
「ごめん。本〜〜当〜〜に、ごめん。」

一樹、
「かかかか。いや…。…でも、そういう将輝君の性格…。僕ぁ〜〜好きだけどな〜〜。一生懸命に、誰かのために考えてくれる。…なぁ〜〜、瑞樹〜〜。」

その声に理沙、少し頭を傾げながらも、
「…ん〜〜〜。でも…。ありがと。学校に誘ってくれて…。」

「俺じゃねぇ。麗亜が思いついたんだ。」

理沙、思わず下唇をビロンと、
「そうでした。」

信じて…良かった。   vol.060.   理沙、「早っ!!!凄っ!!!」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で…。

※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

アメーバ

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋