ドキドキ 蒼介、理沙を見て、
「…もしかしたら…、乗りかかった船。」

その声に理沙、
「乗りかかった船…???」

和奏、キッチンで…、
「えっ…???…どういう意味よ…???」

蒼介、
「うん。つまりはだ。理沙が今、前向きになって、ここにいる。」

理沙、キョトンとして、
「うん。」

「まっ、確かに、それは、理沙の努力の賜物でここにいる。」

和奏、
「うん。そうだけど~~。」

「けどさ~~。…もしかして…。もしかしてだよ。理沙が…、これから車椅子バスケを目標とする。…けど、その目標の車椅子バスケの存在を知らなかったら…。」

すぐさま和奏、
「あっ。」
 

蒼介、
「確かに、理沙がこうやって退院できるようになるまで、大勢の方の応援、あったから、だって、お父さんは考える。」

理沙、
「うん。」
首をコクリと…。

「でも…。」

そんな夫を見て和奏、ニッコリと…。

「でも、一番は…、その、車椅子バスケを教えてくれた人物。しかも、同じところの女の子のお兄さん。そしてお姉さん。そして看護師さん。先生だって。将輝君には感謝してただろう。…だから…。もしかして…、この話、いい方に進めば…、何かしら…、結果オーライになるのかも~~。」
そして蒼介、ニッコリと。
「な~~んってね。お父さんは、そう思う。まっ。…でも、決めるのは理沙だけど…。うん。」

そして翌日。鴻上高校バスケ部。

馨、
「えっ…???彼女を、ここに…???」

将輝、
「あぁ…。あいつ、退院して、名城のバスケ部、見たんだと。麗亜が電話で…。」

「へぇ~~。かかか、中々彼女、やるじゃん。」
「…けど、名城のバスケ…。麗亜から聞いて…悪いけど…笑っちゃって。」

馨、
「は…ぁ…???」

「動きが遅いんだと。」

すると途端に馨、
「はぁ~~???かかかか。なんと。」

「ふん。…けどさぁ~~。そしたら自然に、ウチの部が頭に浮かんで…。」

馨、
「ふん…???」

「麗亜に言っちゃってた。ウチの部、見に来ればなぁ~~。…そしたら麗亜、あっ。お兄ちゃん、それ。それだよ、理沙お姉さん、鴻上のバスケ。…そしたら、俺も、段々その気になって。」

「…で、ウチのバスケ…部…。」
シュート練習をしながら監督の方を向いて。

そして将輝、列を離れて…。
馨も…。

将輝、監督の弓狩に、
「監督、ちょっと話…って言うか、相談…あるんですけど…。」

そのふたりを見て主将の且元尚哉、
「お~~い、そこのふたり~~、何やってんだぁ~~。」

弓狩、その尚哉に右手を上げて…。そして将輝と馨を見て、ニッコリと、
「どうしました…???」

マネージャーの涼香と恵も、
「…???」

将輝、
「実は~~。」

凡そ5分…。

将輝、
「どう…ですか…???」

馨も弓狩の顔に、
「監督。」

弓狩、そんなふたりに、目を真ん丸と…、そして笑顔満面で、
「素敵ではありませんか~~。大~~い歓迎です~~。うんうんうん。是非こちらからもよろしくです~~。ほっほっほっ。」

途端に将輝、パッと顔を明るく、
「ほんとですか~~。」

馨、
「かかかかか。」

「ぃや~~~った~~。」
思わずガッツポーズの将輝。

涼香、
「へぇ~~。将輝にそんな女の子、いたんだ~~。しかし…、車椅子の女の子とはねぇ~~。」

尚哉、
「何やってんだ、あいつら。」

部活が終わって自宅に将輝、廊下をドタドタと…。

部屋から出てきた丈師、いきなりの将輝に、
「うぉ~~。びっくり~~。」

キッチンでは流美が夕食の準備、
「はい、おかえり。」

将輝、麗亜に、
「麗亜、麗亜、あいつにライン。バスケ部、来て良いって。」

麗亜、
「ほんとっ!!!!…かかかかか。うん。」

流美、
「へっ…???何々…???」

冷蔵庫からウーロン茶を…、丈師、
「ふ~~ん…???」

流美、
「あっ、義兄さん、もうすぐご飯。」

「おっ。」

机の上で勉強中の理沙のスマホにライン。
「あっ。」
すると…、
「わぁ。おかあさ~~ん。バスケ、見に来ても良いって~~。」

車椅子を動かして廊下に…。
和奏もその声に廊下に…。

理沙、スマホの画面を。
「ほらほら。」

和奏、
「へぇ~~~。」

その日の午前中に和奏、漆原総合病院に…。
凪に電話して駒田に伝言したのであった。

そして駒田からの電話で、
「瑞樹さん。どうぞ、進めてください。いい話ではないですか~~。かかかか、麗亜ちゃん、将輝君、やりますね~~。」

信じて…良かった。   vol.058.   「…もしかしたら…、乗りかかった船。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 花笠音頭

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

アメーバ

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋