kyoto-g677c41e24_1280.jpg

セミリタイア後、札幌→仙台ときた移住生活。
次は大阪市で、ほぼほぼ固まっていました。

5大都市圏の中で、唯一住んだことのない関西地区。
その中心である大阪、ちょうど2025年の大阪万博に向けて再開発も進んでおり、ベストタイミングだと思います。

ただ最近、「京都も捨てがたいな」と思ってきました。

2年前に「関西の移住先、京都という選択肢」とのブログ記事を書いて、京都は関西括りではなく、唯一無二の街なので1度は住もうと考えるようになりました。
そこからさらに、自分の中での評価が高くなってきました。

理由は、行きたいと思うスポットの圧倒的な多さ。

「京都 観光地」みたいな感じで検索すると、かなりの数が出てきます。
当然お寺系が多いのですが、僕も30代後半になってきて、和の侘び寂びにグッとくるようになってきました。
苔とかたまりません。

大阪も超大都会で、独特の文化もあるので、当然スポットは豊富。
しかし言っても、都市型スポットが多く、京都ほどのオンリーワン感はない。

移住の最大の楽しみである街探訪。
ぜひ行きたい所をピックアップすると、たぶん京都のほうが多い。

ただ移住先の評価基準は、行きたいスポットの多さだけではありません。

以前の記事でも書きましたが、エンタメは圧倒的に大阪。
食に関しては、まだ侘び寂びの分かる舌じゃないので、大阪に魅力を感じる。
空港立地等で、旅行に行きやすいのも大阪。
家賃に関しても、ザッと調べた感じでは大阪のほうが安い印象。
何より関西の中心は大阪なので、そこに住んでナンボって気もする。

なかなか悩ましいところです。

大阪と京都、将来的にはどっちも住みます。
しかし、先々どうなるか分からないし、より思いの強いほうから先に住んでいくのがセオリー。

やっぱ大阪かなと思いつつ、京都も捨てがたいんですよね。

とりあえず、来年には1度京都をしっかり視察してみようと思います。
Source: Time is money  キムのお金日記