ドキドキ 理沙、走る車の後部座席で、黙って過ぎ去る景色を見ながら…。

そんな娘をバッグミラーで見ながらの蒼介。
「理沙〜〜。どんな感じ〜〜???久々の車〜〜。」

そんな父親の声に理沙、今度は左から右に目を…、
「ん〜〜〜。外…、出られた〜〜。体…、動いてく〜〜。」

その声に蒼介、そして和奏も、
「ふっ。」

「うんうん。そうだね〜〜。」
そして和奏、
「ホッとした…。」

蒼介、
「ん〜〜〜???」

「やっぱり、家族…。いっつも、一緒にいたいじゃん。私はやだよ。理沙が傍にいないのなんて。」
そして後部席に首を、
「ねぇ〜〜、理沙〜〜。」

そんな母の顔に理沙、
「ありがと。ふふ。」
ニッコリと…。

そして…、やがて…。

瑞樹家、玄関先で…。

理沙、車の窓から、
「わぁ〜〜。凄〜〜い。玄関まで、変わってる〜〜。」

蒼介、トランクから車椅子を…。そして後部座席に。
「こうやって…。」

理沙、
「うんうん。OK、OK。かか、おとうさん、うま〜〜い。」

そして車椅子に理沙、ヒョコンと。

蒼介、
「んじゃ、かあさん。俺、車。」

和奏、
「うん。」

数メートルのアプローチはそのまま、その後は、スロープである。

理沙、
「へぇ〜〜。こんな風に出来たんだ〜〜。」

蒼介、車から荷物を持って…。そして玄関に…。

理沙、
「ドアが…。」

和奏、
「うん。理沙、これからは…、車椅子だからね〜〜。」

「へぇ〜〜。」

ドアから引き戸になっている。そしてそこから廊下までも…。

「ここにも、坂。」

蒼介、
「これ、スロープって言うんだ。はは、このくらいの傾斜だったら、かあさんでも平気で車椅子。」

そんな蒼介に和奏、ニッコリと、
「うん。」

そして理沙、廊下に。瑞樹家の1階、段差…、全くなし。
しかも、どの部屋も車椅子で行き来しやすいように、
寸法が考えられ、そして、引き戸までも取り付けられている。

理沙、
「帰ってきた———————っ。ヒャ〜〜〜〜。」

そんな理沙を見ての蒼介と和奏、共に笑顔で…、
「かかかか。」
「おかえり。」

車椅子を一回転させて理沙、
「うん。ただいま。」

その後、昼食を済ませて、1階のあちらこちらを…。

トイレを見ては理沙、口に両手を当てて、
「わっ!!!凄っ。使いやす〜〜。」

蒼介、
「かかかか。」
けれども、
「とはいえ…、残念ながら、2階には…、今は…、無理だけどな〜〜。」

そんな父親に理沙、懸命に首を振り、
「ううん、ううん、そんな事ない。十分だよ〜〜。部屋だって、広く…。私の部屋、狭いのに…。」

「かかかか、そんなの…、どうにでもなるさ〜〜。」

「そうよ。」
和奏。
「とにかく、習慣。」

夕方近くになって、
「ただいま。ただいま、ただいま。ただいま。理沙〜〜〜。」
廊下をドタドタと。

蒼介、
「おほ、帰ってきた〜〜〜。」

栞奈、リビングでの車椅子の理沙を見て、
「理沙〜〜〜。」

理沙、車椅子から首を後ろに、
「お姉ぇ〜〜。」

栞奈、車椅子から理沙に抱き付き、
「おかえり〜〜。」

理沙、
「うん。うんうんうんうん。ただいま、お姉ぇ。」

「さっ。揃いましたか…。」
蒼介。

瑞樹家、今夜は…、理沙の退院祝いと言う事で…、家族4人、水入らずで…。
「乾杯」

そしてその夜…。

「そうですか〜〜、退院…しましたか〜〜。」
一樹、スマホ越しで…。

電話の向こう、和奏、
「えぇ。お蔭様で…。」

「とにかく、良かったです。」
「あっ、先生には、先日、手伝ってくださって…。」

その声に一樹、
「いえいえ。そんな…、瑞樹さん、かかか。何度も…。私からお願いした訳ですから。えぇ。」

「ありがとうございます。あの、学校の方には、また、改めて。」

一樹、スマホ越しでニッコリと、
「ありがとうございます。えぇ。お待ちしております。」

「それでは、ごめんくださいませ。」

通話が切れる。

一樹、
「そっか〜〜。瑞樹〜〜。退院したか〜〜。はは。」

理沙も理沙で、夕食過ぎには友達にスマホで連絡。友人それぞれが歓喜。

そして…、翌日。

職員室では、教師陣の拍手に一樹、深々とお礼。
「ありがとうございます。」

坂崎も拍手して、
「本当に良かった〜〜。うんうんうん。退院おめでとう〜〜。」

室越は、何故か眼鏡を外して、目にハンカチを、
「うぅ…。うんうん。良かった〜〜。」

そして…、2年B組。一樹からの生徒たちへの報告。

その瞬間、一斉に、
「キャ――――――――ッ!!!」
生徒たちの歓喜。

一樹、そんな生徒たちをニコニコと…。

その生徒たちの声に隣の教室。江梨子、
「ふふ。」

信じて…良かった。   vol.052.   「やっぱり、家族…。いっつも、一緒にいたいじゃん。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で…。

※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

アメーバ

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋