ドキドキ ベッドを隔てた医師に一樹も、立ったままの姿勢でわずかに前屈みに、
「武蔵野市名城高校教師、八倉一樹と言います。お世話様です。」

駒田、ニッコリと、
「お世話様です。」
そして、女子2人を見て、
「こんにちは。ありがとうね〜〜、いつもお見舞い。ほんとうに、ありがたい、君たちには感謝だ。」

その声に杏美と麻理絵、思わず顔を赤くして、
「こんにちは。理沙の事、ありがとうございます。」
麻理絵と杏美、二の腕を擦りあいながら…。

駒田、理沙に、
「おかあさん、丁度診察室に来たから、リハビリの事伝えて。」

和奏、
「うんうん。」

理沙、舌をチロリと、
「へへ。」
そして駒田に、
「先生、ありがとうございます。」

将輝、ドアの傍で、
「じ、じゃあ…。僕は…この辺で…。」

和奏、
「あっ、ありがとうね〜〜うん。」

駒田、
「うん。サンキューなぁ。」

ドアを開けて将輝。

その時、
「ありがとう。」
理沙。

将輝、後ろに振り向いて、
「お、おぅ…。」

ドアが開いて閉まる。

一樹、
「へぇ〜〜。彼、鴻上かぁ。」

杏美、
「バスケ部。」

「ふ〜〜ん。」
その時、一樹、
「えっ…???」

和奏も、
「えっ…???…将輝君、バスケ部…なの…???」

その声に駒田、ニッコリと…。

麻理絵も杏美も、
「だから〜〜。」
一樹を見ながら。そして床頭台の中の雑誌を見て、
「車椅子バスケの本〜〜。」

麻理絵、床頭台から本を全部取り出して、その中から車椅子バスケの本を…。

一樹、
「確かに…、迫力あるよな〜〜。これだけを見ても…。」

「将輝君、鴻上高のバスケ部、そして、ポジションはポイントガード。チームの司令塔なんだって。」

駒田、ニッコリと、
「学校からそのまま麗亜ちゃん、見舞いに来るときは必ず肩にバッグ。中に、バスケのボール、入ってるんでしょうね〜〜。私も…、バスケ、バレー、野球、好きですね〜〜。」

その声に一樹、
「あは。先生もですか〜〜。」

「それと…、サッカーかな〜〜。まっ、スポーツは好きです。うん。」

杏美、
「八倉先生、バレー部のコーチなんです。」

駒田、目を真ん丸に、
「おやおやおや。そうでしたか〜〜。」

和奏、
「リハビリ、どうだった…???」

理沙、そんな母親に、目を見開いて、
「凄いよ、物凄い、楽しかった〜〜。…って言うより、気持ち良かった〜〜。思いっきり、体、動かせた〜〜。」

駒田、
「理学療法の先生も感心してました。」
和奏にニッコリと。

和奏、
「そうですか〜〜。うんうん。ありがとうございます。」
そして和奏、理沙に、
「理沙〜〜。これで…、また一歩、前進だね。」

その声に一樹、杏美、麻理絵も、ニッコリと…。
駒田もニッコリと顔を傾げて…。

けれどもその時、理沙、
「学校…、行きたい。みんなに…会いたい。」

その瞬間、全員、
「……。」

理沙、
「先生…。」

駒田、そんな理沙を見て、ニッコリと、出来るだけ理沙の顔まで顔を下げて、
「理沙君。その理沙君の気持ちと…同じように、みんなも…、理沙君に会いたい。…と、僕は思う。…だから、そのために、理沙君、頑張ろう。みんなに、会えるためにも、頑張ろう。そのための努力は、僕らも惜しまない。全力で見守っていく。絶対に諦めない。君が頑張れるなら…。うん。」

その声に和奏、目を潤ませて…。

一樹、口の中の物を飲み込んで、
「うん。」
頷いて、
「みんな〜〜。瑞樹に会いたがってる〜〜。それに、学校の先生たちも…、校長なんか、首長くして待ってんだからな〜〜。」

隣の麻理絵、そして杏美、薄っすらと涙を…。

一樹、
「まっ、今までと同じようには…。けど…、みんな、おまえの顔を見るのを楽しみにしてる。…とにかく、目標に向かえ。先生たちも、応援している。」

理沙、ポツリと…。
「今は…、無理だよね…。」

その声に和奏、キッパリと、
「理沙っ。」

いきなり理沙、母親の顔を見て思わず困ったような笑顔で、
「はは。おかあさん、分かってるよ〜〜。」
そして、息を吐いて、
「うん。私、頑張って、みんなに会いに行く。」
そして、
「負けたくない。」

瞬間、涙目で杏美、
「はは、理沙の負けず嫌いが出た。」
ハンカチを顔に当てながら…。

理沙、
「アズ〜〜。何ハンカチ〜〜。」

杏美、
「だって…。」
杏美、思わず麻理絵の右肩に顔を…。

麻理絵も目を真っ赤に…。

信じて…良かった。   vol.046.   理沙、「学校…、行きたい。みんなに…会いたい。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 花笠音頭

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

アメーバ

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋