ドキドキ 将輝、
「あは、看護婦さ〜〜ん。」
左手を左肩まで…。

瞬間、凪、
「あ、だめだめだめだめ…。私には無理。」
首を振って、
「無理無理無理無理。」

将輝、可笑しそうな顔で、
「えっ…???…けど、今…。」

凪、瞬間、将輝の横に…。そして、将輝に手を振り、
「じゃね〜〜。」

将輝、首を捻りながらバッグにボールを仕舞う。そしてまたバッグを肩に、
「帰〜〜えろ。」

和奏、蒼介のグラスに、
「はい。」

「おっ、サンキュ〜〜。」
蒼介。
「ところで…お姉ぇは…???」

その声に和奏、
「うん。今夜もちょっと遅くなるって。1時間前にラインきてた。」

蒼介、
「ふん。ふんふんふん。じゃ、食べよっか。はい、かあさん。」
蒼介も和奏のグラスに。

「はい、ありがと。」

そしてふたり、
「乾杯。」

そして食事をしながら…。
「さて。これから…、理沙も大変だけど…。こっちも大変になるな〜〜。」
ビールを飲みながら蒼介。

和奏、
「うん。いろいろと…調べてもいるんだけど…。これからは…、理沙、リハビリ中心。」

「うん。…けどさ。」
「うん…???」

「和奏さん、ごめんね。リハビリとなると、どうしても、家にいる和奏さんに…負担…。」
口を尖らせての蒼介。

そんな蒼介に和奏、いきなり、
「ぷっ。ば〜〜かな事、言ってもらっちゃ〜〜困りますね〜〜、蒼介〜〜。自分のお腹を痛めた娘よ〜〜。何仰います〜〜。抱き締めながらやっちゃいますけど〜〜。」

そんな和奏に蒼介、
「かかかか。ごめんごめん。愚問ございました〜〜。」
そして蒼介、
「とにかく…、リフォーム、急がないとな〜〜。」

和奏、
「うん。玄関から何から何まで…。」
おかずを食べながら、
「駒田先生が、今のままの状態で維持するのであれば、来月の半ばごろには…退院…かな。って…。」

蒼介、
「ふ〜〜ん。」

「いやいやいや、駒田先生、凄いよ。病室にいても、可笑しな事ばっかり。確かに、あれじゃ〜、患者のみんな、活気良くなるわ〜〜。看護師さんにも人気だもんね〜〜。とにかく、ボキャブラリーが凄いって。…でも、肝心な時には、物凄いシリアス。」

蒼介も、
「うんうん。俺も、駒田先生凄い。物凄い礼儀正しいし…。…それにさ。廊下で先生と会うじゃん。」

「うん。」
「俺が挨拶する前に、先生がいきなり直立で頭を下に、こんにちは、お世話様でございます。いやいやいや、腰が低い。」

その声に和奏も、
「うんうんうん。それそれそれ。私もそんな時あった。」
そして和奏、いきなり、
「ぷっ。私の時なんて…。ほら、お医者さんの白衣…、ユニホームあるでしょ。それまではポケットに手を入れてたのに、サッと、ポケットから手を出して…、今、蒼介が言ったように、直立で頭を下げて、お世話様です。肩までの髪が前にパサリ。お辞儀する度に髪が前に後ろに。クククク。」
そして和奏、
「あの仕草が…、ある意味、笑っちゃうよね。かかか。なんか…、可愛いって言うか…。」

「駒田先生、整形外科医…。何歳なんだろうね。」
蒼介。

そんな声に和奏。首を傾げて、
「さぁ…。」

「あっ、かあさん、理沙に、部屋、2階から下になるって…。」
「あぁ、うん。明日、病院行った時。」

「まぁ…。自分の部屋が2階にあるんだから…、そのまま、使うのが…当たり前なんだろうけど…。…けど…もし、万が一…。」

和奏も、
「ん〜〜〜。ねぇ〜〜。」

翌日、その話を和奏、理沙に…。

間髪入れずに理沙、
「いやいやいやいやいや。そんなの当たり前。私、下でいい。うんうんうん。おとうさんとおかあさんの部屋でいい。私の部屋じゃ狭いかも知んないけど…、2階はおとうさんとおかあさん使って。」

和奏、少し目を潤ませながら、
「理沙〜〜。ほんとにいいの〜〜???」

「いいよ、いいよ。私の事で、おとうさん、おかあさん、迷惑掛けたくない。」
そこまで言って理沙、途端に口をグンニャリと、
「…もぅ…、完璧に…私…、迷惑…、掛けてるけど…。」

和奏、
「ば~~か。迷惑なんて…。自分の子供のために親が頑張るの、当たり前でしょ。親にとっては、子供はいつまで経っても子供なんだから。」

その声に理沙、
「おかあさん…。」

ドアにノックの音。

和奏、
「あっ、はい。」

ドアが開いて、
「お邪魔…します~~。」

入って来たのが駒田医師。師長の夏希も伴って。

信じて…良かった。   vol.042.   「理沙も大変だけど…。こっちも大変になるな〜〜。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 「雫音〜shizukune〜」

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

アメーバ

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋