ドキドキ 江梨子、そんな一樹の弁当箱を見つめて、
「わお。本格的〜〜。」

一樹、弁当箱を開けて、
「おぅ〜〜。」

江梨子、
「わ〜〜お。美味しそう〜〜。」
そこまで言って江梨子、
「えっ…???…って言うか、八倉先生…、確か…、家では…ひとり…。」

その声に一樹、
「…えっ…???…えぇ〜〜。まっ、そうなんですけど…。」
照れくさそうに…。

江梨子、一樹の弁当に詰められている…のを見ると。
そして目をパチクリ。顔を傾げて…。

そんな江梨子に、一樹、照らながら、そして笑いながら、
「いえいえいえ。小宮山先生…。確かに、家ではひとり。僕、ひとりですよ。」

江梨子、
「…なんだけ…ど〜〜。」

「かかかか。まっ、気になりますよね〜〜。」

江梨子、ポツリと、
「はい。気になります。」

「かかかかか。ストレートですね〜〜。」
そして一樹、
「あ、あの。誤解、してもらいたく…ないんですけど…。これ。」
弁当を見て、
「これ、これなんですけど…。実は。」

江梨子、右目を歪ませて、
「実は…???」

「この弁当…作ったのって…、弟なんです。」

途端に江梨子、
「はっ…???…弟…さん…???」

一樹、口を真一文字に、
「えぇ…。」

「いやいやいや。弟さんって…。うっそ〜〜〜〜。えぇ〜〜〜っ!!!」
いきなり口に両手の江梨子。
「あっ、いやいやいや。弟…さんって…。こんなに上手に…???」

「えぇ…。まぁ…。はははは。」
「なんで…???」

「いやいや。…その…。なんでって言われても…。」
「すっごい、美味しそう〜〜。」

そんな江梨子に一樹、
「まっ、ま〜〜。そう…ですよ…ねぇ〜〜。」

江梨子、目をパチクリさせながら…、
「あ、あの…。八倉…先生の…、弟…さんって…。」

その声に一樹、
「は、はい。料理人です。シェフ…やってます。」
 

「うそ———————っ!!!」

その声が大きかった。傍を歩いていた教師が、
「…ん…???どうかしました…???」

その声に江梨子、
「小松原(こまつぱら)先生、これこれこれ。」

小松原と呼ばれた教師、小松原格(こまつぱらさだむ)、物理の教諭である。

格、
「ほぅ…。美味しそうですね〜〜。…けど…、珍しいですね〜〜。いつも、コンビニ弁当か、どっかに…。…それに、八倉先生、確か、おひとりで…。」

一樹、
「そう…なんですけど…。」

「これ作ったの、八倉先生の弟さんなんですって。しかも、その弟さん、シェフなんですって。」

その話に格、
「い、え〜〜〜???…おやおやおや、凄いですね〜〜。」

一樹、
「いえね。実は、弟、神戸でレストランのシェフしてたんですけど…。…ある意味で言う、ヘッドハンティング…???…されちゃって、…今度オープンする都内のレストランのシェフに…、引き抜かれたんです。…で…、結局、オープン前に、こっち…、東京来て…。けど…、住むとこないから…、2日前から僕の家に…。まっ。かかかか、当分は…、居候的、感覚で…。」

江梨子、
「へぇ〜〜。そうなんですか〜〜。」
すると江梨子、
「な〜〜んだか、羨ましい〜〜。いつも。こんな美味しいの…食べられる訳じゃないですか〜〜。」

そんな声に一樹、
「かかかか。いやいやいや。…でも。部屋が見つかれば…出て行く訳ですから…。」

そんな一樹に、
「ん〜〜。でも、まぁ…、料理専門の人が作るって言うのは…。さすがに…。僕からしても、羨ましいですよね〜〜。」
格。

一樹、
「な〜〜に言っちゃってます〜〜。愛妻弁当が〜〜。」

小松原格(こまつぱらさだむ)、現在、新婚中。結婚生活、僅かに…、2か月。

そんな声に江梨子、
「ねぇ〜〜。羨ましい〜〜小松原先生〜〜。」

一樹、
「かかかかか。小宮山先生も、その内じゃあ〜〜、ありませんか〜〜。」

そんな一樹に江梨子、自分の弁当に戻り、
「だと…いいんですけどね~~。なかなかどうして…。出会いがねぇ~~。」

「うそ~~~。」
いきなり一樹、
「僕からすれば、男、放っておかないって…感じ、するんですけど…。小宮山先生。ねぇ~~。小松原先生~~。」

その声に格、
「えっ、え~~~。ははは。」

江梨子、思わずツンとして、
「新婚生活の人には、言われたくないですけどね~~。」

その声に格、頭を撫でて、
「あは…、ははははは。」

一樹、
「おやおや。」

信じて…良かった。   vol.012.   一樹、照らながら、そして笑いながら…。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 きっと大丈夫

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

アメーバ

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋