ドキドキ 「バシン。バシン。」
レシーブを受ける音。

「ハイッ。ハイッ。」
レシーブを受ける部員の声。

「ほい、もう一丁~、ふん。それ。甘い、甘い。動きが遅~~い。ほぃ。」
そして、
「ほぃ、次~~、矢部~~。」
ネット上のコーチの声。

「はい。」
次の部員がコートに入る。

コートから出て既に終了しているメンバーの下に、杏美(あずみ)。
「ふぅ~~。バテル~~。」

そんな杏美を見て、
「かかかか。だよね~~。いきなり100本だから…。…けど、先生も凄いよ。もぅ…、かれこれ500本、投げてる。」
理沙(りさ)。

「ふん。さすかに、余程悔しかったんだよね~~。」
杏美。

「うんうんうん。先生の後輩が監督のバレー部だもん。しかも、今年バレー部の監督になって…、でもって、ウチラ…、負~~けちゃったんだもん。そりゃ悔しいよ~~。」
体育座りで両足の脛で両手を組んでの理沙。
「鴻上(こうがみ)高校かぁ~~。…けど、なんであんな…強くなった訳~~。去年の夏なんて、私たちから、完璧にボロ負けだったじゃん。」

「ん~~。」
口をぐんにゃりと、そして顔を傾げて杏美、
「…でも、なんだかんだ言って、物凄い動き…早かったって…。それは…、感じた。」

「うんうんうん。私もそれは…感じた~~。」

その時、
「バシ~~ン。」

取れ切れなかったボールがコースをずれて理沙と杏美の方に。

ふたり同時に、
「わっ!!!」

そして、転がってふたりの前まで…の、矢部雅美(やべまさみ)。

理沙、
「矢部ちゃん。」

杏美、
「雅美~~。」

雅美、そんなふたりに、
「ごめん、ごめん。」
そして前を向いて、
「ハイ。」

部活が終わって、それぞれの部員は帰路に…。

自転車に乗って理沙と杏美。途中まで…。

そして理沙、杏美に、
「じゃね~~。」

杏美も、
「うん。じゃ、また明日~~。」

そして、その数秒後、後ろの方から低くガシャンと言う音。そして急ブレーキの音。
すると、一台のワゴン車がタイヤを鳴らせて物凄いいきおいで杏美の横を通り過ぎる。

首を傾げて杏美、自転車から降りて、向きを変えて来た道を…。
そして理沙と別れた曲がり角を…。
瞬間、杏美、
「!!!!理沙――――――――っ!!!!」

道路上で倒れている理沙。自転車の車輪は回ったままで…。
傍らで理沙の右手を舐めている猫。

いきなり自転車から離れて杏美、
「理沙。理沙。理沙。理沙。理沙――――――っ!!!」
理沙の下に杏美。何をどうしていいのか分からず、
「理沙、理沙、理沙。あ゛―――――――っ。誰か―――――――っ。!!!!」

そのけたたましい女の子の声に、近くの家の人が、そして通行中の車を止めて、
「なんだ、事故…???」

杏美、その人たちに、
「お願い、理沙、理沙、理沙。理沙、助けて―――――――っ!!!」

すぐさま車の人がスマホで…。

それから10…数分後、その場所に救急車が…。理沙をストレッチャーに。
そして杏美もそのまま救急車に…。全く動く気配のない理沙。
杏美、救急隊が何をやっているのかすら分からず、
「理沙、理沙、どうなっちゃうの…???」

数分後、病院に到着。数名の医師や看護師やら、
救急隊から話しを聞きながら急いで通路を…。

杏美は着いて行くのが精一杯。

看護師らしい人に、ここで待つようにと言う指示に杏美、頭をコクリと…。
理沙を乗せたストレッチャーは初療室へと入って行く。

それから凡そ30分後、病院に駆け付けたひとりの男性。
杏美を見つけて、
「水森(みずもり)――――――っ!!!おまっ。おまっ。瑞樹(みずき)はっ!!!瑞樹はっ!!!理沙はっ!!!」
物凄い形相での男性。

杏美、その男性に抱き付いて、
「せんせ――――――――っ!!!!」
そして、
「理沙が。理沙が――――――っ!!!」

完璧に動揺している男性。
武蔵野市名城(めいじょう)高校、2年B組担任。社会科。
女子バレー部コーチ、八倉一樹(やくらかずき)である。

杏美の両肩を抱いて一樹、
「うんうんうん。先生来たから、もぅ。うん。」
それから20分後、今度は理沙の両親が駆け足で…。看護師も伴い。

そして部屋の中からひとりの医師が…。看護師を見て…。

看護師、
「先生…。」

医師、
「瑞樹さんの…???」

両親らしい男女、医師に頷く。

医師、
「こちらにどうぞ…。」

そして…、やがて…、初療室から出てきた理沙の乗ったストレッシャーが別の部屋に向かう。

その光景に一樹と杏美も…。顔を見合わせて、
「えっ…???」

一樹、
「もしかして…???」

数分後…。ドアの上には、「手術中」の、赤いランプ。

そのランプを見て杏美、
「えっ…???」

一樹、
「手術…って…。」

信じて…良かった。   vol.001.   「バシン。バシン。」レシーブを受ける音。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 花笠音頭

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

アメーバ

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋