new-year-2021-g57db61e21_1280.jpg

2021年10大ニュース、5~1位です。

5位:社労士試験を受験

「資格でも取って、ハンコ押すだけで時給2,000円ぐらい稼げないかな~」みたいな視点で、模索した資格取得。
大した旨味はないと分かりましたが、調べる中で興味を持った社会保険労務士に挑戦しました。

あえなく不合格となりましたが、振り返ると半年間の勉強はなかなか充実していたようにも思えます。
このぐらいの負荷があったほうがいい気もしたし、再挑戦することに決めました。

セミリタイア生活と両立しながら、仙台在住中には何とか取得したいと思います。

社労士試験結果
社労士試験に再挑戦します

4位:テレビ・ラジオに複数出演

FIREブームの追い風もあって、複数のテレビ・ラジオに出演させてもらいました。
インタビュー形式で後日放送のものもありましたが、生放送で直接掛け合うのは緊張しました。
特にABEMA Primeは、台本通りではなく、即興の質問がバンバン飛んできて、後から考えるとつまらない受け答えをしてしまったな・・・と反省しきりです。

メディアに出演することで、セミリタイア・FIREが認識されることは本望です。
何より、こんないい経験はそうそうできないので、めっちゃ出たい。

相手があることなので、思い通りにはいきませんが、声を掛けてもらえるようなブログを書ければいいですね。

ラジオ出演の内容と感想
テレビ出演の感想
【初 地上波&名前出し】グッド!モーニングに出演させていただきました
東北放送のNスタみやぎに出演させていただきました

3位:過去最大の支出を記録

まだ途中ですが、今年の支出は初の200万円超え。
収支の赤字化には及びませんでしたが、過去から比べると着実に進歩しています。

何とか支出しようと躍起になっており、「無理して使う必要はないんじゃ?」と批判の声をいただきます。
しかし、無理にでも使っていくべきと思います。

もちろん、今の生活に満足しているなら無理に使う必要はありません。
しかし、僕は全く満足してないし、この程度で満足してはいけないと思います。

決して悪い訳じゃないんですが、昨年までをマラソンで例えるなら自分のペースを守りながら、着実に6位入賞みたいなイメージ。
立派なレース運びではあるんですが、自分のペースを守っているだけでは、メダルに手が届くことはありません。

メダルを獲ろうと思えば、失速するかもしれないけど、前半から積極的に飛ばしていくしかありません。
時には失敗するけど、そうやって殻を破らないことには、微妙なセミリタイア生活が続くことになる。

これまで刷り込まれた金銭感覚を変えるのは容易ではないので、時には無理してでも使うべきと考えるのです。

今年は、スマホ、PC、掃除機、冷蔵庫、机・椅子、炊飯器等、まだまだ使えるものを買い替えました。
移住に伴い、家賃も1万円以上UPさせ、都心に近い、ぼちぼちの家にしました。

やや葛藤もありましたが、振り返ると消費してよかったと思います。
まだまだ道半ばですが、2022年こそは赤字化を達成します。

2位:仙台に移住

9月に3年3ヶ月住んだ札幌を離れ、仙台に移住しました。

物件探しから、実際の移住、その後の街を知っていく感じ。
現状でこれほどの娯楽コンテンツは、僕にはありません。
旅行などとは、比べ物にならないほどの高揚感です。
彼女に頻繁に会えるのもいいですね!

裏を返せば、同じ所に住んでいれば、セミリタイア生活がどんどん衰退していくのみ。
セミリタイア生活を安定させるために、常に変わっていく必要があり、その大きな手段が移住なんだと強く感じました。

北海道を離れる①
北海道を離れる②
仙台生活始めました

1位:セミリタイア生活を継続

今年もセミリタイア生活を無事継続できました。

ここで言う継続とは、ただ金銭的にヤバくなったり、虚無感に襲われて、セミリタイアがピンチになることがなかった意味ではありません。
一定レベルの新鮮味みたいなものを継続できたとのニュアンスです。
大きく寄与したのは、特に5~2位にあるような初体験の出来事。

2位のところでも述べましたが、同じようにやっていたらセミリタイア生活は衰退していくと危機感を感じています。
今年は、移住というビックイベントがあったので、ある意味下駄を履かせてもらった感じ。

仙台生活2年目を迎える来年は、勝負の年だと捉えています。

以上、10大ニュース。
色々あったけど、そう悪い年じゃなかったという結論に毎年落ち着いています。
Source: Time is money  キムのお金日記