ドキドキ 帰宅して茉祐子、小さな声で…、
「ただ~いま~~。」
そしてふらふらとリビングに…。

明日の料理の下拵えをしていた薫子、茉祐子を見て、
「はい、お帰り~~。」
グッタリとしている茉祐子に薫子、
「ど…、どうしたの…???」

茉祐子、テーブルに左手を付き、そして右手で椅子を引いて。いきなりドガっと…。
上半身、テーブルにベッタリと埋める茉祐子。

薫子、途端に、
「えへ~~。茉祐子。茉祐子、茉祐子~~。ちょっと…、あな…。」

そこに恭弥。
「ただいま、姉さん。」

薫子、恭弥を見て、
「ちょっ、ちょっ、恭~~弥、茉祐子…、どうしたの…一体。」

そんな薫子に恭弥、顔を一面、グシャリとさせて…。頭を掻いて、
「いやいやいや。もう…完璧に…緊張の繰り返しで…。…ふん。こうなっちゃったか~~。」
そう言って恭弥、思わず、右手の平で額を押え、左手は左脇を押えて。

薫子、その声に、
「はっ。…一体…、パーティで、何が…???」

「ふん。」
恭弥、
「とにかく…。」
茉祐子を見て…。

薫子、
「こりゃ、もぅ…既に、寝ちゃってるね~~。」

テーブルの上で、すやすやとしている茉祐子。

薫子、そんな茉祐子を見て、そして恭弥を見て、下唇をビロン。
両手の平を恭弥に。

恭弥、そんな薫子に苦笑い。
「さて…と。」
茉祐子の体を起こし、
「茉祐子ちゃん。部屋…行こ。」

全く、起きる気配のない茉祐子。恭弥から抱き上げられながら…。

薫子、
「おほほほほ。さっすが。」

「姉さん、前、お願い。」
「オッケー~~。」

そして2階の茉祐子の部屋に。
そしてベッドに…。

恭弥、
「おやすみ。ごめんね。無理させちゃったねぇ~~。」
そのまま茉祐子にタオルケットを掛けて…。

階段を下りながら薫子、
「ふふ、茉祐子、あの時以来ねぇ~~。あんなにグッタリと…。」

恭弥、
「あの時以来…???」

廊下を歩きながら薫子、
「うん。前に茉祐子、会社の化粧品とファッションデザイナーとのコラボのCМのモデルになった事…、あったのよ~~。」

恭弥、
「ワ~~オ。」

「生まれて初めての大役。一週間前からイメージトレーニング。…で、その撮影当日。今まで経験したことのない撮影。しかも…、撮影後、仕事が終わってからのスタッフたちとの撮影の打ち上げ。」
冷蔵庫から缶ビールを取り、そのまま恭弥に。

恭弥、右手を縦に、そして左手で缶ビールを受け取り…。

下拵えの続きをする薫子。

恭弥、茉祐子の座っていた椅子にそのまま座り、
「へぇ~~。」

薫子、話を続ける。
「その日、帰ってきた茉祐子。リビングに入ってくるなり、いきなりへたれこんで…。」

恭弥、
「あちゃ~~。」

「いやいやいや。あのときは、茉祐子を2階になんて…。かかかか。仕方なくパパのベッドに…。」
「へぇ~~。そうだったの~~。」

薫子、キッチンから、
「あの時…、以来よ。」

恭弥、プルタブを開けて、ビールを口に。

「でも…、多分、茉祐子にとっては…、あの時…以上の…緊張…???」
そこまで言って薫子、
「ねね…、どんな感じだったの…今日のパーティ。」

その声に恭弥、思わず含み笑いを…。そしてまたビールを口に、
「まさかね~~。」

薫子、
「ふ~~ん…???」

そして恭弥、ニッコリと、
「…しっかし…。なんであんな話になるかね~~。」

「は…ぁ…???」
「いやね…。」

「ふん。」

「あっ。…けど、これ…、茉祐子ちゃんには、俺が…言ったって…。」
そこまで言って恭弥、少し考えて…。
「あっ、でも…。別に…いっか~~。はは。姉さんと茉祐子ちゃんの間で、隠し事…。しかも…、俺としても、そんな…。」

薫子、
「うん。まぁ…。3人しか…いないもん。そんな…。しかも、今日の事は、3人共に…。」

恭弥、
「だ~~ねぇ~~。…そんな訳で…。ふん。…実はっさ。」

そして今夜、ホテルでのパーティでの出来事を薫子に話し始める恭弥。

話を聞きながら薫子、
「えっ…???…うそ…???…エクレールの…ファン。…で、篠田真理とも…、20年来の付き合い…???凄~~~い。」

薫子と茉祐子~その愛~   vol.246.   そこに恭弥。「ただいま、姉さん。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 花笠音頭

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

アメーバ

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋