イングランドのコロナ規制に再び変更があり、陽性者の自宅謹慎が10日から7日に短縮された。
昨日、陽性になった友人宅へ牛乳を届けた際、友人と3メートル程距離を取り、互いにマスクをして外で少し話したが、友人はねずみ色の顔に疲れた顔で、ひどい咳を時々していた。
友人は「しんどそうに見えるらしいけど、私は全く疲労感は無いねん」と言った。
新しい規制緩和により、29日まで自宅謹慎だと思っていたのが27日には妹家族宅のパーティに行けると喜んだ。

妹家族は歓迎なのだろうか‥と思い、嫌味なく聞いてみた。
友人は「勿論!妹からの誘いやから。7日さえ我慢すれば法律は守った事になる」と笑った。
これ‥私やったら‥
しかし政府が7という数日を出した以上、陽性反応から7日経てば、咳していようがねずみ色であろうが謹慎は終ったのである。
一度かかったら向こう90日は検査しなくて良い、これが私の周囲の認識である。

まあ10日だろうが7日だろうが、イギリス人は自分なりの解釈があるから、政府が指針を決めたところで変わらんちゃあ変わらんのであるが‥
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記