仙台に移住してまだ3ヶ月ちょいなのに、北海道・札幌に住んでいたのが遥か昔のように感じます。

せっかくの財産を風化させないためにも、北海道で食べたグルメをランキング方式で振り返っていきます。
当初BEST10にしようと思ったのですが・・・
挙げていく内に、どうしても入れたいものが出てきて、結局BEST14としました。

入れた基準としては、予想を超えてきたもの。
事前リサーチやこれまでの食体験から、食べる前にだいたいの味は想像できます。
それを超えて「え???美味っっ!!!」と思ったものを挙げました。

14位 札幌 すみれ 味噌ラーメン

ド定番の味噌ラーメン店ですが、僕はここが1番好きでした。
1口目のスープを飲んだ時に、抜群にコクを感じます。
そのスープが太縮れ麺によく絡んで、一気に食べてしまいます。

PXL_20210705_023134979_202112132200534d6.jpg

13位 味付けジンギスカン

北海道グルメの代表格・ジンギスカンは、当然多くの飲食店があります。
もちろん美味しいのですが、僕はスーパー等で売っている味付けジンギスカンが好きで、定期的に買って食べていました。
肉もさることながら、タレが最高。
フルーティーな甘辛いタレは、ご飯が進みます。
これで白ごはんをドカ食いするのが至福のひとときでしたね。

20181129_130950_20211213220648037.jpg

20181130_194044_20211213220649242.jpg

12位 札幌 Royz(ロイズ) チョコレートパン

札幌の製菓メーカーRoyz(ロイズ)。
チョコレートのお土産が有名で、帰省の際によく買っていきました。
加えてぜひ味わってほしいのが、一部の店舗で売っているパン。
絶品チョコとパンが合わさると、シナジー効果で美味さが倍増します。

20210525_135617_202112132213455c2.jpg

20210525_140043_20211213221346465.jpg

11位 小樽 LeTAO(ルタオ) 奇跡の口どけセット

小樽の人気洋菓子店LeTAO(ルタオ)。
併設のカフェで1,430円する奇跡の口どけセット。
チーズと絶妙に品のいいクリームで、口の中が天国。
名前の通り奇跡の口どけで、1,430円が高いと思わずに、こんな経験させてくれてありがとうって感じでした。

20210330_132157_202112132229386bd.jpg

10位 帯広 六花亭 マルセイアイスサンド

こちらもお土産の定番である六花亭のマルセイバターサンド。
帯広や札幌の店舗では、これのアイスバージョンを味わうことができます。
このビスケットとクリームの上質さ、しっとり具合がヤバい!
想像をガッツリ超えてくる驚きでした。

20190205_160252_2021121322234922f.jpg

9位 帯広 インデアンカレー インデアン

帯広市民のソウルフードのインデアンカレー。
北海道と言えばスープカレーですが、こちらは一般的なカレーです。
とにかくカレールーに深みと旨味があり絶品。
500円以下なのもポイントが高く、帯広で2回連続食べちゃいました。

20190204_120321_20211213223846483.jpg

8位 知床 時しらず

時しらず=鮭ですが、一般的な秋鮭とは違い、初夏~夏に取れる鮭。
若くて脂が乗っているのが特徴で、その脂がとろけます。

20200827_142327_20211213224219491.jpg

7位 札幌 八紘学園 ソフトクリーム

札幌市の郊外・札幌ドーム近くに八紘学園と言う農業専門学校があります。
この直売場で食べられるソフトクリームが札幌No.1人気。
ミルク感の中にも爽やかさがあり、真夏でもべとつく感じが一切なく、スーッと口に入ってくる。
何個でも食べたい1品です。

PXL_20210823_021457773_2021121322465597e.jpg

6位 帯広 十勝トテッポ工房 3種のフロマージュ

帯広のスイーツで2個目のランクイン。
十勝トテッポ工房のチーズケーキ・3種のフロマージュです。
なめらかなチーズクリームの適度な甘みが抜群中の抜群。
道内で食べたスイーツでは、これが1番好きだったかもしれません。

20210428_131634_20211213225310fdc.jpg

5位 小樽 かま栄 パンロール

小樽の老舗蒲鉾屋であるかま栄。
存在は知ってはいましたが、ゆーてもかまぼこなので気になる存在ではありませんでした。
しかし、4回目の小樽訪問で、度肝を抜かれました。
かまぼこに薄いパン生地を巻いて揚げたパンロール。
ホクホクで甘めの味付けで、「これかまぼこ???」って言うぐらいの美味さ。
ギャップという観点では、トップかもしれません。

20210330_114901_202112132259334b6.jpg

4位 室蘭 小舟 カレーラーメン

室蘭名物のカレーラーメン。
ぶっちゃけ無理矢理作ったグルメかなと思っていましたが、失礼過ぎました。
カレーの辛味の中に、ダシと甘みがあり、ドロっとしたスープとラーメンの相性がめっちゃいい。
セットのやきとり丼(豚肉)、室蘭の岬や工場夜景も良かったのですが、これだけ食べに来てもいいと思ったほど。

PXL_20210627_042321069_202112132305018e9.jpg

3位 函館 ラッキーピエロ チャイニーズチキンバーガー、ラッキーエッグバーガー

函館でご当地ハンバーガー店・ラッキーピエロ。
この美味しさを例えると、モスバーガーを3倍ぐらいモスバーガーにした感じです。
分かってもらえますかね?

20190412_172803.jpg

20190412_173753.jpg

2位 札幌 奥芝商店 おくしばーぐかりー

数あるスープカレーの店の中でも、ダントツに好きだったのが奥芝商店。
THEスープカレーとは少し違い、エビのスープ。
スープカレーとエビがこんな合うとは驚きで、ハンバーグも最高。
全ての札幌グルメの中でも個人的イチオシで、最後のランチでこれを食べて札幌を発ちました。

PXL_20210905_042737309_20211213231614a6a.jpg

1位 積丹 ウニ

値段の高いものは、美味くて当たり前。
積丹で食べたウニ定食は3,080円と高額でハードルも上がる訳ですが、それを軽々と超えてきました。
ウニのクリーミーさが半端なくて感動的。
この美味さを永遠に味わっていたく、食べ終わりたくありません。
一応ランキングを付けましたが、どれも僅差で順位はあってないようなもの。
しかし、このウニの1位だけは真っ先に決まり、不動のものです。

20200706_111350_20211213232903677.jpg

以上、北海道グルメBEST14でした。

本店がある場所を書きましたが、札幌に支店がある店も多いし、かま栄やRoyzのパン等、新千歳空港で食べられる店もあります。
北海道旅行の際には、ぜひ味わってみてください。
Source: Time is money  キムのお金日記