12/8(水) 16:12配信の文春オンラインによると・・・当ブログでも紹介

したN‐NOSEのがんの線虫検査ですが、どうも精度86%には疑義が

あるようです。以下一部記事を抜粋して引用。

 CMで「尿一滴で、精度86%のがん検査」を謳っている、HIROTSUバイ

オサイエンス(以下、H社)の線虫がん検査を巡って、関係者から検査

方法に疑義の声が上がっていることが「週刊文春」の取材でわかった。

H社は線虫でがんが判定できるとする検査キット「N‐NOSE」を2020年

10月に発売。『ガイアの夜明け』(テレ東系)などのテレビ番組で大きく

報じられ、この10月からは俳優の東山紀之が出演するテレビCMも

放送されている。

 

 H社の広津崇亮代表によれば、線虫はがん患者の尿の匂いを好み、

そちらへ向かう。

一方、健常者の尿の匂いは嫌うため、線虫の動く方向で、がんの判定

が出来るのだという。

その線虫の習性を利用したのが「N‐NOSE」。これを使えば、胃がん、

大腸がんなどの五大がんに加え、肝がん、前立腺がんなど、全15種類

のがんが判定できるという。

検査の精度も高く、HPには「がんに対する高い感度86.3%が報告されて

いる」とあり、H社のHPにはがん患者の尿を置いたシャーレでは数十匹

の線虫が尿の周りに集まり、健常者の尿を置いたシャーレでは、線虫が

反対側に数十匹集まっている写真が掲載されている。

 しかし、「こんなにはっきりと分かれるのを見たことがない」と元社員は

断言する。

「線虫は温度、湿度など様々な要因の影響を受けるため、尿の匂いだけ

に反応して動くのか分かりません。

実際、検査する線虫の数が50匹の場合、左右に分かれる数の差は10匹

以下がほとんど。わずかな差で、陽性・陰性を判定している」

引用終了

 元社員の証言が正しいとすれば、検査の精度に関してはかなり疑わしい

としか言えません。

N‐NOSEの検査キットを買った人は私を含めて健康診断や腫瘍マーカー

検査などを受けてがんの疑いがあるから購入した方が多いと思います。

わずかな差で、陽性・陰性を判定しているとすれば、検査結果に信ぴょう

性がありませんからきちんと内視鏡検査やPET-CTを受けた方がいいと

思います。

この検査で陰性と判断された方の中には本当はがんだったというケース

も想定されますのでかなり怖いと思います。

わたくし、この検査を4月に受診して5月にはがんの可能性ありという

結果が出たのですが、ちょうど貧血の原因を調べるため胃と小腸、大腸

内視鏡検査と造影剤CTをしていましたのでそれほど心配はしていませ

んでした。

 今週、一応念のため人生初のPET-CTを受けに行ってきたのですが、

頭部から全身スキャンして頂きましたが、今のところがんと判断できる

兆候は見つかりませんでした。

費用は93500円かかりますが結果はその日のうちにわかりますので

たまには受けておくと安心できるのではないでしょうか?

とやまPET画像診断センターの先生によれば、線虫検査で陽性だった

という方が最近良く来られるそうですが、今までにPET-CTで異常が

見つかったのは2名しかいないとのことでした。

人間、健康であることこそが人生最高の幸せなのではないかと思いま

す・・・。

是非日々健康資産を積み上げていきましょう!

 ということで、いつものランキングボタンご協力いただけるととっても

うれしいです♪

 そういえば、やっぱりいつものランニングコースにバナナマン日村人形

来てましたよぉー!

WS000060_20211210171512373.jpg

Source: 吉川英一オフィシャルブログ-低位株・不動産投資で会社バイバイ、リタイアして毎日が日曜日。不動産業ブログ!