ドキドキ そんな薫子と茉祐子の表情に真純、ニッコリと…、
「なになに~~???…薫子さんも茉祐子も~~。」

その声に薫子と茉祐子、出来るだけ真純に気付かれないように…。
「え…???いやいやいや。真純さん…。でも、今の真純さんの…。」
茉祐子と聖子を見て薫子。

聖子も、首をコクリと、
「うんうんうん。」
薫子と茉祐子を見て。

茉祐子、目をキョロキョロと…。

すると真純、ニッコリと、そして右手を出して、
「や~~だ、んもぅ~~。」

ホンの2、3秒…。

真純、
「実はね~~。あの子も…。な~~んかね~~。…そんな…雰囲気なの~~。」

途端に聖子、目を真ん丸く、
「うそ~~~~。え~~~???」

「ここ最近、やたらとリビングにいる事が多くって…。…それに、何かしら…、良くおとうさんとも話…するようになってきたの…。今までなんて、殆どが部屋。食事くらいよ、一緒にいるなんて…。それが…。…で~~。」

3人、真純の顔を凝視。

真純、
「折に触れ、それとな~~く、勇吾に訊いてみたの、あんた…、どうしたの、最近…???なんだか…雰囲気…違うけど…。まさか…、好きな人でも…出来たの…???…って…。」

3人、身を乗り出して、
「うん。うんうんうん。」

真純、口を尖らせて、
「そしたら…。」
そしてニッコリと、
「いちゃあ、悪いかよ。…ですって~~。」

聖子、
「わっ!!!」

薫子、
「うんうんうん。」

茉祐子、
「わはっ。」

真純、
「私、うそっ。…って…。あんた。まさか…???…そしたら、あの子、また、いちゃあ悪いかよ。…何度も言わせんなよ、うるせぇな~~。ですって~~。」

聖子、
「きゃは~~~。」

真純、
「うそ。うそうそうそ。どんな人、どんな人…???」

聖子、にっこりと、
「うんうんうん。」

「そしたらあの子。」
真純、腕組みにして、口をへの字にして、
「その内なぁ~~。」
満面の笑顔で。
「いやはや…。びっくりしたわ~~。」

薫子、
「凄~~い。」

聖子、両手を合わせて、
「わはっ。じゃ、勇吾も、その内。」

真純、チョコンと顔を傾げて、
「ん~~。…だと…いいけど…。」

聖子、
「夢乃に勇吾。…って~~事は、茉祐子。今度はあんたの番よ~~。なんてったって、3人の中で、一番の年上なんだから~~。」

その声に薫子、ニッコリと。
「うん。うんうんうん。茉祐子ちゃん、頑張んなきゃ。」

真純も茉祐子に、
「そうよ~~。勇吾なんて…。…って言うか、あの子みたいな男でも、いい。なんて女性がいること自体…。私、母親としても、びっくりしてんだから~~。」

そんな3人の声に茉祐子、思いっきり顔を歪めて、
「あ…。あ、いや~~~。」
頭に手をやり。
「あは…、あははははは。はぁ…???」

そんな表情に薫子、眉を歪めて、
「…???」

真純、
「もしかして…、茉祐子にも、既に、いい人、いたりして…。」

聖子、
「わお。」

間髪入れずに茉祐子、思いっきり両手を前に伸ばして振って、
「いやいやいやいやいや。いやいやいやいや。」
居ても立っても居られなくなり茉祐子、いきなり腰を上げて、
「私…、部屋で、やることあるから…。」
右手を縦にして、
「ご、ご、ごめんなさい。」
その場に立って、
「あっ、聖子おばちゃん、クッキー、ありがと。んじゃ。」
そそくさとその場を離れる茉祐子。

そんな茉祐子を口を真一文字に見つめる薫子。

真純、
「かかかかか。茉祐子、なんか照れてないかぃ~~。」

聖子、笑いながら、
「うんうんうん。何かしら…、秘め事が~~。」
そして聖子、
「ねね、薫子さん。」

そんな聖子に薫子、
「うん…???」

「茉祐子、いい人…出来たんじゃ。」

その声に困り顔の薫子、顔を傾げて、
「ん~~。私には、何も…、言って来ないけど…。ん~~。」

自分の部屋に戻っての茉祐子、
「や~ばい、やばい。まさか、あんな話になるなんて…。予想もしてなかったし…。それに…、おかあさんもいて…。」
そしてベッドに背中から、バン。
「あ~~ん、あんなんじゃ、おかあさんに変に思われちゃうよ~~。」

そして数秒後、
「どうしよ…。」

薫子と茉祐子~その愛~   vol.232.   真純、「実はね~~。あの子も…。な~~んかね~~。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で…。

※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。
アメーバ

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋