fujiko191209_0662_TP_V.jpg

先日、「立川なんかに住んでる場合じゃない」とのブログ記事を書きましたが、喫緊の課題は大阪でした。
大阪移住までもう3年を切っており、今後の視察等も考えると、ぼーっとしている暇はありません。

大阪の家賃が高過ぎ問題があり、悩ましいところです。
ところが、いただいたコメント等も参考にしつつ、深堀りしたところ、光明が差してきました!

記事中で、大阪は見かけの家賃は安いけど、実態はかなり厳しい。
大阪市内の都心に近いエリア、5万円以下だと、2口ガスコンロや洗濯機を置けない物件が多いと書きました。
やはり、福岡、札幌、仙台とはまるで違う。

しかし、5万円以下という区切り方が、適切じゃなかったみたい。
6~6.5万円まで上げると、劇的なまでにレベルアップすることが分かりました。

例えば、こちらの物件をご覧ください。

https://suumo.jp/chintai/bc_100254219660/

東京の山手線に相当する、大阪環状線の内側。
その中でも主要駅である京橋駅に徒歩10分の好立地。
築6年の立派なマンションで、家賃・共益費で6.47万円。

大阪の物件は多くが都市ガス、しかもここはネット無料なので、実質的な家賃は6万円を切る感覚。
4万円台だと仙台とは比べ物にならない高さでしたが、6万円まで上げると仙台の相場と遜色ありません。
この物件が特別安い訳じゃなく、似たような物件がゴロゴロ見つかる。
これだけあれば、引越時に空室はあり、無職だからと言って全て断られる心配もさすがにないでしょう。

家賃5万円以下で考えていましたが、6万円台に上げることで、これだけ劇的に変わるなら話は別。
この1~1.5万円の追加投資は、めっちゃコスパがいい。
大都会で仕事も豊富でしょうし、その分のバイトなら全然します。

ってことで、大阪家賃高すぎ問題は、家賃6.5万円払うで解決できそうです。

これにより、居住エリアもかなり自由に選べそう。
どこに住むか?は、じっくり考えていきたいと思います。
Source: Time is money  キムのお金日記