ドキドキ 君人、妻の聖子を見て、笑顔になって…。
聖子もそんな夫を見て笑顔で…。

君人、夢乃を見て、
「うん…???」

夢乃、母を見て、そして父を見て…。
「あのね、パパ。今回…、私の提案で、パパのサプライズバースディ。」

君人、
「うん。ありがと。感謝している。」

夢乃、
「うん。ありがと。」
少し間を開けて…、
「…で、パパ。」

「…ん…???」
「今回、私、日本に帰って来たの…、パパのパースディ。それもひとつ。」

君人、
「…ん…???」

夢乃、テーブルに両手を出して、小さな素振りを…。
「それと…、もう…ひとつ。報告…と言うか、話しておかなきゃいけない事が…あるの…。」

その声に君人、
「…ん…???報告…???話して…おかなきゃ…ならない事…???」

「うん。」
今度は夢乃、両手をテーブルの下に。

「…ん…???」
妻の聖子を見て君人、

聖子、少し笑顔を崩して…。

そして君人、夢乃をマジマジと見て…。

「パパ。…私…、結婚したい人…いるの…。」

君人、いきなり目をパチクリとさせて…。
「えっ…???」

夢乃、
「今、私…、付きあっている人…、いるの…。…将来、その人と結婚を前提にして…。」

瞬間、君人の表情が変わる。
「……。」
今までの笑顔から変わり、険しい表情に…。
「おま…、今、何て言った…???」

夢乃、真顔になって、
「結婚したい人がいる。」

君人、
「おま…、今、おま…、まだ…、22だぞ。」

夢乃も少し険しい顔になって、
「歳なんて関係ないでしょ。」

聖子、
「お父さん。」
夫を諭すように…。数秒の沈黙。

君人、険しい表情のままで、
「やれやれ…。自分の誕生日を娘が祝ってくれる…ってんで、喜んで来たと思ったら…。」
口を真一文字にして、両肩を落として、右手をテーブルに真っすぐに置き。
そして左手でジョッキを持ち、また一口。そしてジョッキは空になる。
君人、辺りを見回して…。

夢乃、
「あっ、すみません。生…お代わり…。」

ウェイトレス、席に近づく。

「仕舞には…、こういうオチって…訳かぃ。」

夢乃、父に向かって、
「ごめんなさい、いきなり、こういう話になって。」

「折角気分良く、旨いもん、食べて、飲んでたと思ったら…。」

そんな夫を黙って見る聖子。夢乃の顔を見て…。

夢乃も母を見て、
「……。」

その時、君人、夢乃と聖子を見て、目を真ん丸く、そして一度口を尖らせて…。

その時、ウェイトレスが新しいジョッキを…。
君人、左手で「ありがとう」のジェスチャー。

そしてジョッキを見て、
「何か。…って事は…、かあさん、かあさんは、この事、前から…???」

その声に聖子、頭を下げて、
「ご、ごめんなさい。2か月…前から…。」

その瞬間、君人、口をポカ~~ンと、
「2…、2か月…前…???…で、この俺に、何も言わずに…???」

夢乃は口を尖らせたまま。

君人、
「ふ~~~~。いやいやいやいや。」
今度は天井を向いて。
「なんてこったぃ。家のローン…、全部、払い終わって…。んで、今度は、老後の蓄えって…。頭の中で、青写真…。かあさんとのんびりと…また、ふたりで…。って…、思って…。」

夢乃、
「パパ…。」

「将来設計が…。将来じゃなくって…、現実になっちまったって…。」

瞬間、夢乃、そして聖子、同時に、
「えっ…???」

「お~~い。チト、早過ぎゃしねぇかぁ~~。」

夢乃、そんな父に、
「パパ…???」

聖子、
「お父さん…???」

「けっ。てめえが、今まで、人生、好き放題やってきて、娘の好き放題に、NO!!!…な~~んて、言える訳、ねぇだろ…。」

夢乃、その声に、
「パパ、じゃあ。」

聖子、
「お父さん。」

「但し。」
夢乃と聖子の顔を見て君人、
「但し。」
夢乃を見て、
「パパの仕事は、人の命を守る仕事をしている。」

夢乃、
「う、うん。」

「まっ、俺は、医者じゃ~~ない。けど…、薬を扱っている仕事だ。そういう意味じゃあ、医者とも、同じような…。まっ、直接…人様の身体を診る訳じゃないが…。ひとつ間違えば、人様の命に関わる。」

その瞬間、聖子、マジマジと夫を見つめて。

君人、
「条件がある。」

薫子と茉祐子~その愛~   vol.203.   「パパ。…私…、結婚したい人…いるの…。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 「雫音〜shizukune〜」

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

 

アメーバ

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋