sick_guai_warui_man.png

火曜日に2回目のワクチンを打って、体調不良真っ只中です。

体調不良のトピックで言うと、「体調崩した時に1人暮らしって辛いよね」との話をよく聞きます。
辛くて日常生活もおぼつかない時に、サポートしてくれる人がいるのは、色々と心強いってことでしょうか。

多くの方の共通認識みたいですが、自分にはいまいち理解できません。

生死に関わる状態なら話は別ですが。
体調不良時こそ、1人暮らしのありがたみを感じます。

熱とかが出て、しんどい時には極力何も考えたくありません。

でも誰かと一緒だとそうはいかない。

最低限の会話はしないといけないし、「あ・・・あ・・・しんどい」とか部屋の中でうめいている訳にもいきません。
身の回りのことも含めて、いくら体調不良だろうが一定の配慮をする必要があります。

逆に1人暮らしだと、心置きなくダメ人間でいることができます。
家事面でのサポートを差し引いたとしても、1人暮らしの人に気を遣う必要がない点にメリットを強く感じます。

ただ多くの人は、体調不良時には同居家族に大して気を遣わないのが普通なのかもしれません。
サポートを受け、心置きなく静養しているんでしょうね。

僕が1人暮らし歴が長くなりすぎて、こじらせてしまっている証拠かもしれません。
とにかく、人に甘えたり、迷惑をかけたり、頼んだりすることに極度の抵抗を感じるようになってしまいました。
Source: Time is money  キムのお金日記