ドキドキ 侑里、
「成宮さん…、あなた…。付き合っている男性…、いる…???」

その声に凛久、瞬間右目を歪めて、そして頭の中で、
「…いきなりかよ。…って、言うか…。」

羽田のその声に茉祐子、
「はっ…???」
そして、すぐさま顔は羽田の方を向いても、目は…自然に凛久の…、チラリと…。
「羽田…さん…???」

侑里、
「ん~~。…かかかか。ごめん。ストレートだったよね~~。」

茉祐子、また凛久の顔にチラリと視線を…。
「あ…。あ~~。」
そして…顔を傾げて、
「…はい…???」

侑里、そんな茉祐子に再度、
「成宮さん…、付き合っている…男性…いる…???…って、聞いたん…だけど~~。」
チョコンと顔を傾げて…。

茉祐子、目をパチクリとさせながら…、
「えっ…???…えっ…???」

侑里、
「もしかして…、付き合っていない…ので…あれば~~…。」

茉祐子、
「あ…、はぁ……ぁ…???」

瞬間、侑里、頭を下げて、
「ごめんなさい。」

途端に茉祐子、
「えっ…???え~~~???…は、羽田…さん…???」
すかさず侑里、茉祐子の前で、両手を合わせて…。

それを見ていた凛久、いきなり、
「は、羽田さん、そんな…。そこま…。あっ、あ~~。」

侑里、そんな凛久に、
「だ~~って~~。霧島く~~ん。ここまでやんないと~~。」

茉祐子、キョトンとしながら、
「あっ、あのぉ~~。」

そして侑里、今度は体をシャキーンとさせて、
「成宮さん。」
丁寧にお辞儀をして、
「霧島君の…、彼女になってくれませんか。その…。ふりで…良いんです。ふりで…。」

その途端凛久、右目を瞑って、
「…ど、どストライクだわ、こりゃ。」

茉祐子、その有里の声に、
「えっ…???あっ…。へっ…???…はい…???」

そして侑里、また体の前で両手を合わせて。
「お願い。」

茉祐子、全く状況が呑み込めない。
「あ、あのぉ~~。」

侑里、そのまま、
「ふぅ~~。まずは、ひと段落。」

凛久は口を尖らせて…。

茉祐子、再び、
「あのぉ~~。」

侑里、そんな茉祐子にニッコリと。
「ねぇ~~。かかかか。いきなり、彼女になってください。ふりで、良いから。…な~~んて言われたって。ねぇ~~。困っちゃうわよね~~。…ってか、びっくりだよね~~。」

凛久、茉祐子に申し訳ないような顔で…。

茉祐子、左頬に手を当てて、
「状況が~~…。」
そして顔を傾げて。

侑里、
「そう。その通り。全く状況が呑み込めない。当然。」

「は、はぁ……。」

侑里、茉祐子に、
「つまりは。」

茉祐子、侑里と凛久の顔を見ながら…。

「こういう事。」
そして侑里、事情を詳しく茉祐子に話す。

侑里の話を聞きながら、凛久を見て、
「えっ…???」
そして、
「へぇ~~。」

侑里、
「…でぇ~~。」

茉祐子、
「ふ~~ん。…えっ…???…で…、私っ…???」

瞬間、侑里も凛久も同時に頷く。

茉祐子、
「あっ、あ~~~。ははははは。」

咄嗟に侑里、茉祐子の顔に、
「どお…???」

茉祐子、
「ん~~~???」

侑里、
「ふりだよ、ふり…。…まさか…、こっちから…、本気で好きになれ…なんて…。」
その瞬間、侑里、
「あっ。ごめん…。私…。」

けれども茉祐子、
「ん~~~。」

侑里、頭の中で、
「…えっ…???」

そして茉祐子、
「分かりました。」

侑里、
「えっ…???」

凛久、顔の表情が変わり…。

茉祐子、
「ふりで…良いんですよね、ふりで…。」

侑里、
「え…ぇ…。うんうんうん。ふりで…。うん。」

凛久、茉祐子を見てニッコリと…。

ホッとしたような表情で侑里、
「ありがとう~~~。うん。うんうんうん。」
そして、
「霧島君。」
凛久の顔を見て。

凛久、
「えぇ…。」
満面の笑顔で…。
「ひゃ~~。どうなることかと…思った~~。はははは。」
後ろ髪を撫でながら…。

茉祐子、ニッコリとして凛久を見て、
「いえ…。お願いします。」

凛久、
「あ、いえ。こちらこそ…。」

その時、侑里、頭の中で、
「…えっ…???…お願いします…???…って…。」

凛久、茉祐子に、
「ごめんね、成宮さん。こんなことでお呼びたてして…。」

瞬間、茉祐子、
「…成宮さん…。あっ、そっか…。」

侑里も、
「うんうんうん。ごめん。ごめんなさいね。」

茉祐子、
「いえいえ。…じゃ、私…。」
そしてバッグから財布を出して…。

侑里、
「あっ、それは…、良いよ。私たちが…。」

薫子と茉祐子~その愛~   vol.150.   「成宮さん…、あなた…。付き合っている男性…、いる…???」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 「雫音〜shizukune〜」

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

 

アメーバ

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋