product-5222332_1280.jpg

昨日注文していたカーテンが届き、部屋が概ね完成しました。

以前のブログやグッド!モーニングでも公開しましたが、最新の部屋はこんな感じになっています。

PXL_20210916_135902405.jpg

PXL_20210916_135915287.jpg

PXL_20210916_135938480.jpg

札幌の部屋と同じ6畳。
ロフトがない分、使える総面積は狭くなっているかもしれません。

しかし、キッチンスペースが広いので、炊飯器や食品関係をリビングに置かなくていい。
札幌とは違い、洗濯物を部屋干しする必要もありません。
また、棚や押入れの収納が充実しているので、かなりスッキリ。
ちなみに、押入れはこんな感じ。
布団類も全部しまうことができます。

PXL_20210916_140044357_20210916231422034.jpg

引越前に頑張って捨てたこともあり、目標としていた準ミニマリストは達成できたと思います。

「物はそこにあるだけで主張する」って話がある通り、余分な物がないと、見た目はもちろん、思考まで清々しくなる気がします。
とにかく、かなり気持ちいい。

そして、今後の身の振り方。

まず、ガチのミニマリストは目指しません。

経済性・利便性・エンタメ性を確保しつつできるのは、準ミニマリストが限度かなと思っています。

料理器具を捨てることもできますが、自炊ができなくなり食費が高くなる。
プリンターや洗濯機を捨てることもできますが、都度都度コンビニで印刷したり、コインランドリーに行くのはダルい。
テレビを捨てることもできますが、生活の楽しさが半減します。

これ以上削減する必要は感じず、課題はいかにこの状態をキープするか。
油断すると物が増えてしまうので、気持ちよく生活するためには、この聖域を守り抜かないといけません。

あとは、もう少し家具・家電を洗練させていきたい。

デスクは10年ぐらい使って、表面が剥げてきています。
椅子の背もたれのオレンジ色は、なんか微妙。

1人暮らしを始めた時から使っている冷蔵庫は、黄ばんでいますね・・・

年内には、以上を買い替える予定にしています。

セミリタイア生活である以上、そんないいマンションに住むのは無理そう。
しかし、多少の家賃差なら、工夫で逆転できるはず。

在宅率が高いので、家にこだわる投資価値はありますね。
Source: Time is money  キムのお金日記