札幌探訪記の42回目。
引越絡みで最後に札幌を味わいますが、探訪記としてはこれが最後になろうかと思います。

ビックイベントの際には1記事1つですが、基本的には1記事で4~5の場所なり、食を書いてきました。
3年3ヶ月で42回。
たくさん経験できたものです。

■ソフトクリーム

酪農王国の北海道なので、ソフトクリームは有名。
その中でも人気No.1とも言われる八紘(はっこう)学園・農産物直売所のソフトクリームを食べに行きました。

八紘学園は農業専門学校。
札幌ドームに近く、郊外なので広大な敷地。
直売所付近も、緑が美しく、トウモロコシ畑も広がっており、北海道の大地を感じることができます。

PXL_20210823_020920855.jpg

PXL_20210823_020933642.jpg

肝心のソフトクリームですが、さすがの人気商品。
ミルク感の中にも爽やかさがあります。
真夏のソフトクリームって、ベトつく感じもあるんですが、それが全く無い。
スーッと口の中に入っていくイメージ。
あと3個ぐらい食べたくなりました。

PXL_20210823_021457773.jpg

■寿司

外食ブースト企画で、ペース配分を謝りました><
行きたい寿司が3つも残り、最後の最後で寿司三昧になってしまいました。

最初は、大船鮨
海鮮で有名な札幌場外市場から、郊外方面に少しいった場所にあります。
観光客は当然市場に行くわけですが、こっちはまさに地元の人が通う店。

売りは、回らない寿司では札幌随一とも言われる高コスパのランチ。
人気なので、予約必須となっています。
僕は前日昼に電話したところ、12時台は一杯で、13時~になりました。

注文はにぎりセットBで、1,540円。
噂通り、ネタのデカさが違います。
マグロやサーモンは、普通の2貫分以上あるんじゃないか?っていう長さ。
イクラとホタテもあって豪華ですね。
甘海老も太い。

んで、味は間違いないっす。
寿司ってほぼ素材な気もしますが、普通に刺身を買ってきて酢飯を作っても、この旨味は出ない。
何でしょうか?握り方?管理方法?
とにかく旨味が違う。

original_ba723f4f-8ae9-4958-8e84-4fb0f3dfa623_PXL_20210827_035500344.jpg

2件目は、北海市場というスーパー内鮮魚店の寿司。
鮮魚店が作る本格寿司が低価格で食べられるってことで、ローカルニュースで紹介されており注目していました。

夕方に行ったたら、850円が2割引で700円以下で買えました。
16貫入っていたので、回転寿司より安いですね。
カッパ巻きとかで間を埋める姑息な手段もなく、ALL魚介系。

鮮魚店が作るだけあり、スーパーのパック寿司の域をハミ出しています。
相当に美味くて、近所にあるので月1ぐらいで食べとけばよかったと後悔するレベルでした。

PXL_20210830_100649974.jpg

ラストは、すし処佐藤
こちらは札幌市中心部大通りにある回らない寿司屋。
ランチの寿司は、1人前1,000円と1.5人前1,500円の2種類。
量に加えて、ネタの豪華さもグレードアップするみたいなので、1.5人前をいきました。

カウンター席に座ると、眼の前で大将が握ってくれます。
最初に葉っぱが置かれて、手際よく並べられます。
あっという間に10貫登場。
お味噌汁も運ばれてきます。

イクラに中とろ、イカにサバ。
ネタがしっかりしまっている感じで、美味しい。
シャリも大ぶりで食べごたえがあるし、握り加減がフワッとして絶妙。

PXL_20210901_025508061.jpg

食べてスペースが空くと、3貫が追加されました。
さすが1.5人前だけあって、アワビまで出てきました。
コリコリで最高です。

札幌市のど真ん中で、回らない寿司が1,500円でたっぷり食べられるのは嬉しい。
アクセス抜群なので、観光客にもオススメの店ですね。

PXL_20210901_025659381.jpg

札幌では高レベルの回転寿司と併せて、ランチだと1,500円程度で食べられる回らない寿司も充実。
また、スーパー内の寿司も素晴らしかったです。

福岡在住時に比べて、グルメもしっかり堪能できたので、悔いはありません。
Source: Time is money  キムのお金日記