hand_good.png

コロナ禍の窮屈な生活で、不満ならいくらでも出てきますが、僅かにあった良かったことを話したいと思います。

それは、ダメな人が判明したこと。

コロナに関しては、ちょっとおかしな方向にいっちゃう人が少なからず存在します。

コロナを風邪やインフルエンザと同じと言ってみたり。
この状況においても、コロナ対策よりも経済を回すべきと言ってみたり。
挙句の果てには、コロナ対策を強く訴える人を煽ってみたり。

コロナ対応を軽視した国の散々たる状況、WHOを始めとする専門家の強い注意喚起、デルタ株蔓延による重傷者の急増等々。
このファクトを前に、どういう理論でその考えに至るのかは分かりませんが。
都合のいい情報だけを拾ってきて、さらに自分の考えを強固にしていく。

そういう場面を見るたびに、「あ・・・この人ダメだな・・・」と判定することができます。

有事の時って、人の情報処理能力、認知能力みたいなものが浮き彫りになりやすいのかなと思います。

過去にも、原発事故の時には放射脳と呼ばれる、過剰に反応している人がいました。
今回は、それ以上におかしな人が出現しているように感じます。

常識や社会通念上という感覚の大事さをつくづく感じます。
情報をバランスよく仕入れていれば、そんなおかしな考えには至らないと思うのですが、そういう人ばかりではないってことですね。

コロナが社会の分断を生んだと言われます。
しかし、ダメな人が判明して、その人を避けることができるのは決して悪いことではないと思います。
Source: Time is money  キムのお金日記