先日、夫の兄の嫁(別居して2、3年に入る)が亡き義母の家具を取りに来た際、もともと痩せている身体が更に痩せて髪も減り、映画ロード・オブ・ザ・リングのゴラムみたいになっていた。
うちの夫が「金貯めてんと物を食え」と言った。
例の如く、食べ物に金を一切使わないから、夫の甥っ子達もガリガリに痩せている。
幸い、二人ともバイト出来る年齢になり、家で食べ物にありつけないから、フィッシュアンドチップス店や肉屋で閉店までバイトし、余った料理を毎日持ち帰って食べているとの事で、前より痩せていなかったのが、安心である。
勿論、栄養面は最悪だと思うが…

嫁は更年期に入ったそうで、体調が悪くなったから更年期に効く体質改善の食事に切り替えたと言った。
あいつが体調が良かった日などあったのだろうか‥常にイライラしている印象しか無いが…

嫁はパン、米、パスタなどの類、乳製品を断ち切り、2週目からは果物の糖類も断ち切り、それで更年期の症状が消えて毎日が楽になったと言った。
しかし夫が、「それは自分だけがやったらエエ。成長期の息子にも強要するな。見てみろ、このあばら骨が見えた戦争中のような我が息子の身体を。金があるんやから食べ物を買え」と言った。

嫁は「欧米人が食べる赤肉、パン、パスタや乳製品など全て毒」だと言って帰って行った。
髪が抜け落ちるほど栄養面が落ちた嫁、それでも体調が良くなったのならば嫁には合っているのであろう。
車に乗り込む嫁は私に「せいぜい、ここで美味しいモン食べさせてやって」と言って去って行った。
最低な女やな‥と思わず義母に語りかける私である。
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記