PXL_20210803_082406330.jpg

社労士の勉強は、163日目。
オリンピック観戦の合間を縫って、1日3時間以上の勉強時間を確保しています。

試験まで1ヶ月を切って、受験票が届きました。
試験場は、星槎道都大学と記載。
自転車でサクッと行こうと思っていましたが、市外の北広島市にあるゴリゴリのFラン大。
JRとバスで行くしかありません。

そして過去問の3回目(H29年度分)もやりました。
これまでは家でやってましたが、本番を見据えて図書館でマスクを着けて解きました。
見直しもしっかりしました。

(選択式) 8科目 各5点

労働基準法・労働安全衛生法 5点
労働者災害補償法 5点
雇用保険法 3点
労務管理、その他労働に関する一般常識 3点
社会保険に関する一般常識 4点
健康保険 3点
厚生年金 5点
国民年金 4点

合計 32点/40点

(択一式) 7科目 各10点

労働基準法・労働安全衛生法 8点
労働者災害補償法(徴収含む) 5点
雇用保険法(徴収含む) 9点
労務管理、その他労働・社会保険に関する一般常識 7点
健康保険 9点
厚生年金 8点
国民年金 10点

合計 56点/70点

PXL_20210803_082328679.jpg

PXL_20210803_082321449.jpg

結果は、合格

3回目にして、初の合格。
総得点は、6割強で合格のところ、選択・択一共に8割。
足切り点も、超えています。
前回、前々回の約7割からUPしています。

しかし、全く油断はできません。

問題集等で見たことのある選択肢も、混ざっています。
選択式中心に、足切り点ギリギリの科目もありました。

本番では点数が下がって当然だし、運やちょっとの巡り合わせで、合否が左右される怖い試験。

試験まで2週間ちょい。
ここからは、最後にテキストを1周して、覚えてない箇所に付箋を貼る。
この箇所を直前まで詰め込み、基礎を確実に押さえていきたいと思います。

(勉強の記録)

勉強期間:163日
総勉強時間:424時間
1日平均:2.6時間
試験までの残日数:381日(2021年試験まで17日)
残り目標勉強時間:876時間

Source: Time is money  キムのお金日記